インド料理屋飲みのススメ

海外のエスニック料理を好きな人は多いと思います。しかし問題なのが値段の高さでしょう。一皿1000円以上するものが多いので、お酒も一緒に飲んでいくとけっこうな値段になってしまいます。しかし外国の料理店の中でインド料理店で飲むことはおすすめです。


お酒はボトルワインを

外国の料理店で食べ飲みをしようとする場合、その国のビールを頼むことが多いです。たとえばタイ料理ならばシンハービール、中華料理ならば青島ビールといったものです。

しかし小瓶で600円から700円もしているので、何本も飲んでいるとけっこうな値段になってしまいます。インド料理店ならば、ボトルのワインを置いています。安いものだと2000円程度で頼めますのでリーズナブルな値段で飲むことができます。

おつまみも充実

さらにインド料理店はシシカバブや、カレー風味のじゃがいもをあげたサモサなど、おつまみに最適なメニューが多くあります。さっぱりとしたヨーグルトテイストのサラダなどもありますので選択肢が広がります。

お腹が空いたならばカレーを食べることもできます。カレーをつまみに酒を飲むというのも、なかなかオツなものです。

営業時間も長い

さらにインド料理店は、昼間のランチ営業から繁華街にある店などは夜中までやっているところもあります。

外国料理のお店は早いところだと11時か12時には閉まってしまいます。夜遅くから飲みたいという時にもインド料理店は重宝するのです。

    
コメント