カフェで考える消費税8%問題。これは便乗値上げなのか?【モス・スタバ・タリーズ編】

消費税が8%になって家計を圧迫している昨今。10%になるのだけは正直避けて欲しいカフェマニアも多いのではないでしょうか。いろんなお見せで、消費税増税に便乗して3%以上の価格を値上げしているお店が問題となっています。今回は、庶民にも身近なモスバーガー、スターバックス、タリーズの消費税8%問題を紹介します。


スタバのワンモアコーヒーの不思議

スターバックスは、今までコーヒーのトールサイズは340円でした。これは内税表示だったのです。消費税増税後に、トールサイズのコーヒーを頼むとなんと320円。8%の消費税を入れても345円。まぁスタバはなんて良心的! と思ったら落とし穴が…それはワンモアコーヒーの罠です。

ワンモアコーヒーとは、コーヒーを頼んだらどの店舗でも2杯目100円という最高の制度でした。しかし、なぜか増税後はワンモアコーヒーが108円に。5円はどこからきたのでしょうか? これさえなければ、「さすが! スタバの神対応!」だったので、スタバマニアとしては残念です。というか8円くらい出すんですが、正直100円だけでよかったのに108円を用意するのが面倒臭いのが問題です。(2杯目はそもそも捨てる予定のコーヒーを出すからできるというスタバの理屈だったはず…内税でよかったような…)

モスバーガー

ノマドワークとして愛用しているモスバーガー。バーガー類、ドリンク類含め10円の価格アップがほとんどです。でも許せないことがあります。それはセットの価格アップだけが、20円アップしているという愛しさと切なさと心強さです。

オニポテセット(ドリンクM):350円→370円
サラダセット(ドリンクM):350円→370円
ポテトSセット(ドリンクM):320円→340円
ポテトLセット(ドリンクM):390円→410円

ポテトとドリンク付いているから10円+10円で20円ということなのでしょうか? 便乗値上げの印象を受けるのは私だけでしょうか?

タリーズもOneMoreコーヒーの衝撃

タリーズもコーヒーSサイズが300円から310円と良心的でした。増税より驚いたのは、なぜかOneMoreコーヒーが始まっているのです。でも、150円でサイズはSサイズというスタバに比べるとトーンダウンしてしまうのは否めませんが、タリーズにしては消費税増税に便乗していい制度始めたところが好評価です。

あなたのお気に入りのお店は、適正な値上げでしたか? 1,000円の商品が税抜きで1,050円になっている悪徳店が話題となっています。10%は一旦保留にしてほしいところですね。

「それでもスタバが大好きな筆者がおすすめする超やる気が出る東京スタバ4選の記事」の詳細を調べる

    
コメント