食べ放題、バイキングのお得な利用法

食べ放題、バイキングはさまざまな種類の食べ物が味わえるとあってとてもお得です。しかし、あれもこれもと食べていると、あっという間にお腹いっぱいになってしまいます。もちろん、飲食を提供する側もボランティア覚悟、赤字覚悟で食べ物を出しているわけではありません。やはり、こちらの心理を読んだメニュー構成をしていると見て良いでしょう。食べ放題、バイキングをお得に「食べこなす」ための鉄則を紹介します。


1. 飯抜きは危険、軽く食べておく

食べ放題を思い切り味わうために、前の食事を抜いてくる人がいます。しかし、これはあまりおすすめできるものではありません。なぜなら空腹のまま、大量に食べ物を入れると、胃が収縮したままなので、あまり多くを食べられないという事態が発生します。場合によっては胃痛を生じ、体調まで崩してしまう可能性があります。食べ放題に行く前には、軽く食べておくようにしましょう。そばなどは消化が早いです。さらに、トマトジュースや野菜ジュースなど、ボリュームのある飲み物を摂取するだけでもお腹が膨れます。

2. 炭水化物ばかり食べない

食べ放題にはピラフ、パスタ、カレーなどがそろっています。これが意外と曲者です。味付けの濃い炭水化物はおいしいので、けっこう食べてしまいます。気づけば、これだけでお腹いっぱいということにもなりかねません。炭水化物は原価率が安く用意できます。ご飯はお代わり自由の定食を別の機会に食べることととして、食べ放題ではおかずを中心に食べるようにしましょう。

3. 少しずつ食べる

一つのものをたっぷりと盛り付けてしまうと、気づけばお腹が膨れているということもあります。あれもこれも食べたいという人は一口ぶんくらいを取って食べていくようにすると良いでしょう。

「チキンだけじゃない!電源カフェとしても魅力的なケンタッキー」の詳細を調べる

    
コメント