タイ料理の調味料の使い方とは?

タイ料理店などに行くと、4つの調味料が入った卓上セットを目にします。4つの内訳は、酢、砂糖、唐辛子、醤油となります。タイ料理は自分で好きなようにアレンジできます。どのように使えば、おいしく食べることができるのでしょうか。


唐辛子の活用法

唐辛子の使い方はとにかく辛くしたい時に用います。タイ料理が好きなのは辛いものが好きだから、というのが理由という人もいるでしょう。

しかし本場のタイ料理は激辛のため、日本のタイレストランの場合は、日本人の口に合わせてマイルドな辛さに調整してあります。辛いものが好みの場合は注文時に伝えましょう。それでも辛さが足りないという場合に唐辛子を用います。

酢の活用法

酢といってもタイ料理店の調味料は唐辛子に浸けこんであるので、酸っぱさと辛さが混在しています。

酸味が欲しい時などに付け加えると効果的です。

砂糖の活用法

これは意外ですが、砂糖はタイ料理のアレンジの基本です。料理に砂糖をかけるなんて麦茶に砂糖を入れるみたいで嫌だ、という人もいるかもしれませんが、思い切ってかけてみて下さい。辛さと甘さがマッチングして味にコクが出ます。

醤油の活用法

醤油といってもタイ料理の調味料はナンプラーと呼ばれるものです。魚から作られた醤油で日本ではしょっつるの名でも知られています。

使い方は日本のしょうゆと同じです。味気ないなと思った時にはどんどん使ってゆきましょう。

タイ料理というのは最初には味が薄めに作られています。その後、味をナンプラーで濃くしたり砂糖で甘くしたり、唐辛子で辛くしたり、酢で酸っぱくしたり、といったアレンジは各自が自由に行うことができるようになっています。

「いろいろ気になる食品情報」の詳細を調べる

    
コメント