健康

健康管理に役立つ、ストレス、悩みなどのメンタルヘルスケア、ダイエット、アンチエイジングなど美容対策、睡眠管理、病気・症状への予防や対策、食事管理など、健康に役立つ様々な情報を紹介しています。

  • 食事はシンプルな方が良い?

    生きていくにあたって、食事は欠かせない要素です。食事の好み次第で、将来の健康が大きく左右されることも少なくありません。より良いライフスタイルを実現していくために、食事をどう意識すればいいのか、それを問いかけたものが津川友介による『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』(東洋経済新報社)です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の助教授を務める内科学専攻の著者が、栄養について記しています。

  • 孤独は幸福である?

    孤独であることは良いこととされていません。孤独死などといった言葉が、孤独のネガティブなイメージをより際立たせているといえるでしょう。しかしながら、孤独であることは、考えてみればぜいたくで幸せなものではないか。そうした逆説を提示した本が下重暁子による『極上の孤独』(幻冬舎新書) です。

  • サプリに頼りすぎは良くない?

    忙しい現代人にとってサプリメントは重要なアイテムでしょう。不足しがちな栄養をサプリメントによってまなかっているという人も少なくありません。もちろん、食事から取ることができれば、それが一番良いのですが、なかなかその理想を達成できる人はいません。

  • 集中を短時間で行うには?

    集中したいけれど、なかなかできないという人は多いでしょう。さらに集中は一旦できれば良いのですが、そこに至るまでが長くなってしまい、結果的に集中している時間がものすごく限られてしまうといった人もいるかもしれません。やってみれば簡単なようなことであっても、実行に移すことはなかなか難しいものです。そんな集中に関するメソッドを紹介した本が佐々木正悟による『短時間で「完全集中」するメソッド』(大和書房)です。

  • 脳の重さはどのくらい?

    肩こりなどがひどい時に「脳が重いから」といった冗談が口をついて出る時があります。そもそも素朴な疑問として、脳の重さはどのくらいなのでしょうか。

  • 心のトレーニングとは何か?

    ビジネスシーンや日常生活において心のトレーニングやマネジメントは重要な要素です。しかし、心というのは複雑にできているので、なにかひとつのマニュアルをそのまま当てはめればOKというわけにはいきません。それこそが、心の問題のやっかいなところであるといえるでしょう。

  • 座高検査廃止の理由とは?

    学校空間には、いつの間にか消えてしまったものが多くあります。その一つが座高検査です。椅子のような検査装置に座って、頭の上にスケールを当てて座高の高さを図るものです。しかし、2016年からこの座高検査は廃止されています。

  • 痛みの治療で最も多く使われる「星状神経節ブロック」とは?

  • ストレスを解消して痛みをやわらげる4つの方法

    痛みは、ストレスによって引き起こされたり、悪化したりします。とくに、慢性的な痛みのある人は、精神的なストレスを感じることでさらに痛みが悪化してしまいます。ここでは、ストレスを解消して、痛みをやわらげる方法を4つご紹介します。

  • 「冷え」は痛みの大敵。体を温める5つのポイント

    首や肩のこり、腰痛などを悪化させる大きな原因のひとつは冷えです。体が冷えると、末梢の血管が収縮したり筋肉が緊張したりして、血流が悪くなってしまうからです。逆に考えれば、体を温めて冷えを解消すれば血流がよくなって、痛みがやわらぎます。日頃の生活をちょっと見直すだけで血流は改善することができます。ここでは、体を温めるのに効果的な5つの方法をご紹介します。ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

  • 足がつる!「こむらがえり」は運動と食事で予防しましょう

    ふくらはぎの筋肉が急激に収縮し、つることを「こむらがえり」(腓腹筋痙攣)といいます。今回は、その足がつる原因と対処法についてご紹介します。

  • 肩が痛い!「肩こり」は、肩と首の緊張をほぐしましょう

    多くの人が悩まされ、国民病ともいわれる「肩こり」。ここでは、肩周辺の筋肉の緊張と血流不足が原因の肩こりに、普段の生活で取り入れることできる対処法をご紹介します。

  • 「痛いの痛いの飛んでいけ」には科学的根拠があります

    多くの人は子どもの頃、ちょっとしたケガをしたときに、お母さんが「痛いの痛いの飛んでいけ」といいながらやさしくさすってくれると、不思議と痛みがやわらいだという経験があるのではないでしょうか。これは、子ども向けの単なるおまじないのように思えるかもしれませんが、実は本当に効果があります。

  • 暗い気持ちになっていませんか?「負の精神状態」は痛みの最大の要因になります

    ストレスを溜めると同じ痛みでもより大きな苦痛を感じます。負の精神状態は、私たちの体にどのような影響を与えるのでしょうか。今回は、心と痛みの関係についてご紹介いたします。

  • 「引っ込み思案」は痛みが長引く?!痛みには「人の性格」が関係している!

    痛みは人それぞれで違います。痛みを感じやすいタイプか、感じづらいタイプかということを、「痛がり」や「がまん強い人」といった言葉で表すことがあります。しかし、これはウソや仮病と片付けることはできないもので、患者は本当に痛みを感じているのです。今回は、痛みの感じ方が体質だけでなく、環境、性別、性格の違いでも変化することをご紹介します。

  • その痛み、もしかしたらやばいかも...!激しい頭痛のときは救急病院へ

    経験したことのないような激しい痛みに他の症状を伴う頭痛は緊急性が高く、「くも膜下出血」「脳出血」「脳腫瘍」などが疑われます。 では、それぞれ症状にどういった違いがあるのでしょうか。  今回は、3つの症状の特徴を説明します。

  • 痛みで目が覚めていませんか?夜間の痛みには注意が必要です

    夜、思わず激しい痛みで目が覚めてしまうようなことはありませんか?目を覚ますほどの痛みは感染による炎症やがんが隠れている可能性があり、実は非常に危ない状態です。今回は、知らないと怖い夜間痛についてご紹介します。

  • 痛みは痛みを招く!?〝痛みの悪循環〟とは

    痛みを放置するとどんどん痛くなる場合があります。痛みは”痛みの悪循環”をつくります。それに関係しているのが、自律神経の一つである、交感神経です。痛みがあることで、交感神経が高まり、交感神経が高まることで痛みが痛くなったり広がったりします。交感神経が高い状態が続くと自立神経失調症になったりします。

  • 病院で自分の痛みを的確に伝えられていますか?

    自分の痛みは本人にしかわからないものです。どのように痛みを具体的に表現し伝えるのか、その伝え方ひとつで診断の助けになり、適切な検査も行うことができます。ここでは、病院にいった際に是非使っていただきたい的確な痛みの伝え方をご紹介します。

  • いつまでも続いている痛みに要注意!「急性痛」と「慢性痛」の違いとは

    前回は、急性の痛みである警告としての役割をもつ「必要な痛み」と、単純にいつまでも続いている「不必要な痛み」があることをお伝えいたしました。 ここでは、ただ痛いだけで役に立たない「不必要な痛み」の中でも、いつまでも続いている痛みを「慢性痛」、治療の必要な疾患を「慢性疼痛」として説明していきます。

1 / 44 1 2 3 4 5 最後 »