健康

健康管理に役立つ、ストレス、悩みなどのメンタルヘルスケア、ダイエット、アンチエイジングなど美容対策、睡眠管理、病気・症状への予防や対策、食事管理など、健康に役立つ様々な情報を紹介しています。

  • 集中力にも種類がある?

    仕事や勉強に集中したいけれども、気が散ってしまい、なかなかできない、やる気も起きない、そんな人は多いでしょう。そもそも集中するとはどういう状態を言うのでしょうか。集中をめぐる素朴な疑問に向き合った本が 森田敏宏による『東大ドクターが教える集中術』(小学館新書)です。

  • 浮かんでくる感情を押さえ込まず、自分を知るチャンスにする

    自分の感情を押さえ込まないことは「自分らしく幸せに生きる」ための最初のステップ。なんらかの感情が浮かんだときは「自分を知るチャンス!」と思い、自分の内側に問いかけてみましょう。

  • 「プチ整形」より「プチ満足」、美容皮膚科という選択肢

    いわゆるプチ整形がブームになるなど、美容整形の世界もかつてに比べて随分お手軽になりました。美人になるための情報を追い求めているとき、整形が選択肢に入ってくるのもごく自然のことでしょう。でも、皮膚科の専門医、天野彰人さんは、美容外科のお世話にならなくても自然な美人でいることはできると、明言しています。

  • あなたにあった美容皮膚科を選ぶコツ

    美容皮膚科の患者さんの中には、期待通りの医療を求めて、ドクターを探してさまよう「皮膚科難民」がいます。自分にぴったりのドクターと巡り会うために、いったい何を基準に考えたらいいのでしょうか。

  • 自然のポジティブなエネルギーを受け止め、癒してもらう

    自然は、ポジティブなエネルギーを発しています。疲れて一休みしたいときなど、自然に親しんで癒してもらいましょう。何も期待せずに、無心になってその場に身を置くのがポイントです。

  • ずっと美人でいたいための、日常スキンケア習慣とは

    今はそれなりに美しさを保てていても、この先歳を取ればそれもむずかしくなるのでは? と考えるのは自然な成り行きかもしれません。でも心がけ次第で、この先ずっと美人でいることは十分できると、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんは強調します。その秘訣をうかがってみましょう。

  • 皮膚科、美容皮膚科、形成外科はどう違う?

    シミやシワ、ニキビなどの肌トラブル。エステに行ったり自分で何とかしようとするより、もっと効率的に早く治すことができる手段があるってご存じでしたか?

  • 30代でも脳梗塞になる?

    脳梗塞といえば、年齢を重ねた人や、不摂生を繰り返した人がなる病気と思われがちです。しかし、若い人でも脳梗塞になる可能性はあります。

  • 「いつもの習慣」を少しだけ変えれば、問題解決のステップになる

    うまくいかないときは、「いつもの習慣」を少し変えてみましょう。すると、頭が切り替わり、新たな考えが浮かんでくるのです。違う土地に旅行するのもよく、問題解決のステップになり得ます。

  • 誰もが手軽に「かわいい」になれる時代、美は「願望」から「目標」に

    今や世界共通語になりつつある「カワイイ」の母国日本。その根底には日本文化に流れる清潔さに対する強い意識があると、皮膚科のプロ・天野彰人さんは指摘します。そしてカワイイに通じる日本人の美への意識は、時代を経て大きく変化したといいます。

  • 長引く肌の赤み「酒さ」かも!? 知っておきたい「酒さ」の知識

    「酒さ」は一般の方にはなじみの薄い病名かもしれませんね。 もともとは30〜40代以降に多いとされている病気ですが、実際は若年層から高齢者まで幅広い年齢層に多くの患者さんがいます。 大多数の方は症状が軽く、脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎、あるいはニキビと合併している場合が多いので、酒さと認知されにくい傾向があります。

  • 仕事のライバルを応援すれば、自分の運もアップする

    ライバルでも、うまくいったときは喜び、応援してあげれば、運がぐっとアップします。友人関係でも、うまくいったら喜び、もっとうまくいくよう応援してあげれば、あなたも応援してもらえるようになります。

  • 日サロでの焼き過ぎには注意、理想の美肌の条件とは

    秋田美人的な人形のような色白い肌から、南国風の小麦色の美人まで、美肌といっても価値観はそれぞれなのが日本人の肌に対する美的感覚。皮ふの専門医である天野彰人さんは医学的見地を踏まえ、理想の美肌とは何かを解説しています。

  • 脱・般若顔、アラフォー過ぎたら特に注意!

    自分では普通にしているつもりなのに「なんだか不機嫌そう」「声を掛けずらい」と言われたことはありませんか? もしかしたら気がつかないうちに「般若顔」になっているのかもしれません。

  • 自分の利益よりお客様の利益を優先すれば、よい運が積み重なる

    「自分が得すること」よりも「相手に損をさせない」ことを心がけると、どんどんよい運が積み重なります。これは仕事をする上でも大切で、「買って損した」「頼んで損した」と思われないように心がけましょう。

  • 美人のプロが指摘する、「かわいい美人」「きれいな美人」の区分け

    一言に美人といっても一括りにする訳にはいきません。海老名皮ふ科クリニック院長の天野彰人さんは、美人は「かわいい」「きれい」「若々しい」の3つの分類があるといいます。それぞれの特徴とはどういったものなのか、ここでは「かわいい」と「きれい」について解説してもらいましょう。

  • ブツブツ…気になる「毛穴」の原因と治療法

    多くの女性が気にしている「毛穴」。せっかくキレイにメイクしても、毛穴が目立っては台無しです。原因と治療法についてまとめました。

  • お金と相思相愛になるコツは、お金を好きになり、温かく送り出せること

    「お金に好かれたい」「お金に自分のもとに来てほしい」と考えるのなら、お金を支払うときは、温かく見送り、戻ってきてくれたときは、「お帰りなさい」と迎えてあげましょう。

  • 「かわいいね」は美人のエネルギー、褒められる人になろう

    短所をしつこく責めるより、長所をより伸ばしてあげることが、才能を引き出すコツとはよく言います。それは美人を目指す上でも同じことのようです。美人のプロである海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんに、褒める効能をうかがってみましょう。

  • 全身の乾燥を一気に潤してくれる 「全成分ACO認定オーガニック」のスキンケア

    冬の風がますます冷たくなり、 肌には厳しい季節です。 お肌がカサカサ。 手足もガサガサ。 髪もバサバサ。 全身の乾燥を一気にケアしてくれるものが あればいいのにと思いますよね。 オールインワン化粧品やクリーム、ゲルなどは、 一般的に化学成分が入っていることが多いので、 かえって肌にダメージを与えてしまうものもあるとか。 けれども、全成分がオーガニックなら安心ですね。 厳しいオーガニック認定をクリアした 全身潤うスキンケアバームが話題になっています。

1 / 40 1 2 3 4 5 最後 »