健康

健康管理に役立つ、ストレス、悩みなどのメンタルヘルスケア、ダイエット、アンチエイジングなど美容対策、睡眠管理、病気・症状への予防や対策、食事管理など、健康に役立つ様々な情報を紹介しています。

  • ストレッチの重要さ

    肩こりや眼精疲労・腰痛などは現代人とは切っても切れない関係でしょう。デスクワークなどによって首の位置が固定されるため、どうしても肩こりを招きやすいのです。

  • シンプルな人生相談の味わい

    人生相談はその人の悩みの本質がわかります。はたからみれば、なぜこんなことで悩んでいるかと思っても、その人にとっては切実な問題であります。さらに、こうした悩み相談は、それを向ける時点でその人の中で答えが見つかっている、あるいはほしい答えを求めているといったこともあるでしょう。そのため、人生相談の味わいは、回答者のユーモアやセンスにあるといえます。

  • 朝と夜に習慣を作る

    あなたには日常生活において習慣はあるでしょうか。毎日の生活の中に習慣を位置づけることで、メリハリのきいた生活が生じます。

  • 電話恐怖症の解決策は?

    親しい人なら楽しい電話も、仕事では当然緊張感が伴います。それが良い方向に働けばいいのですが、緊張しすぎて電話恐怖症になってしまうケースもあります。心を疲れさせない、電話対応のとっておきアドバイスをお届けします。

  • 肌断食の効果は人による

    化粧水や乳液、クリームなどのスキンケア製品をまったく使わず、石けんで顔を洗うだけのお手入れ、「肌断食」が話題になっています。本物の美肌を手に入れるために、「肌断食」のノウハウをきちんと知っておきましょう。

  • 誰でもできる時間管理

    いつも時間に余裕がない…時間に追われて一日が終わってしまう。でも、同じ24時間なのに、一日にとても多くの仕事をこなしている人もいます。「時は金なり」。結果に大きな違いを生む、簡単な時間管理のコツをお教えします。

  • 毛穴の詰まりは取れば悪化する

    鼻のまわりに貼り付ける「毛穴パック」を試したことがありますか?実は、「毛穴パック」を繰り返していると、毛穴の詰まりはがんこに居座るようになり、もっと毛穴が目立つようになるのです。毛穴に悩む人は、ぜひお読みください。

  • 20~50代の女性に増え続けている「いぼ」

    20〜50代の女性の間に、急増している肌トラブルをご存知ですか?それは、顔や首にできる「いぼ」です。これは、皮膚の免疫が低下しているのではないかと考えられます。深刻な「いぼ」に関する大切な知識をお届けします。

  • 目にいい食べ物は?

    毎日のちょっとした生活習慣で、体の自然治癒力を高め、視力を維持・回復することができます。エクササイズ以外で大切なのは、やっぱり食生活。目にいい食べ物の取り方、食生活改善のヒントをお届けします。

  • 日本人のお悩みトップは「しみ」

    肌のしみを隠すことに苦心し、「これさえなければ自信が持てるのに」と、ため息をついていませんか?しみを気にする人は20〜80代まで幅広く、日本人のお悩みトップ。そんなしみについて、美容皮膚の専門家が答えます。

  • クレーム対応の鉄則

    仕事でいちばん大切なのは信用です。でも、思わぬところでクレームが起きることも少なくありません。そんな時、うろたえて感情に流されると取り返しのつかないことにもなってしまいます。クレームにはどう対応するのがベストなのでしょうか。

  • 副作用なしで目が良くなる方法

    呼吸。酸素。自律神経、血流改善。視力を回復するためには、対処療法よりも体の根本改善が大きな効果をもたらします。副作用のない、気軽にできて毎日続けられる目が良くなる方法を取り入れてみませんか?

  • ストレスでも毛穴は詰まる

    ご存知ですか?ストレスによって副腎皮質ホルモンや男性ホルモンが多く分泌し、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴の詰まりやニキビの原因になります。大人ニキビもその一つ。ストレスに負けない美肌の維持対策法をお教えします。

  • 会社に行きたくないときは?

    毎日通う会社に行きたくないのは、はっきりとした理由というより、心の疲れが原因ではありませんか?憂うつさを吹き飛ばす元気を取り戻しましょう。心を軽くして仕事が楽しくなるヒントをお教えします。

  • 90%の視力が回復した方法

    「視野が明るく広くなった」「ドライアイが軽減した」「室内の人やものが、濃く見えるようになった」…驚きの効果を実感できる、たった一回でも視力が回復する「タッピング」の方法を公開します。

  • 腸内環境を整えれば体内から美肌に

    よく「便秘は肌によくない」と言われていますが、これはほんとうなのです。肌の悩みに直結する腸内環境とはどのようなしくみなのでしょうか。簡単な腸の働きと、なぜ腸が美肌と深い関係があるのかを学んでみませんか?

  • 薬の飲み過ぎは視力回復を遅らせる

    手軽に頭痛薬や胃腸薬を飲んでいたり、当たり前のように薬を常飲することは、本当に正しいのでしょうか?薬は時として大切な目やからだに負担をかけることにもなりがちです。薬の飲み過ぎが視力回復を遅らせる理由に迫ります。

  • 運動で美肌効果を実感

    ジムに入会したけれど、半年行っていない…。せっかくゴルフのクラブを買ったのに、数カ月前に練習場に行っただけ…。そんな女性は多いのではないでしょうか。でも、体を動かすことからは、高級美容液以上の美肌効果が得られるのです。

  • 親子、夫婦の共依存症は危険

    大人の女性になれない気がするのは、母親の子ども依存が原因かもしれません。居心地の良さが息苦しくなってきたら、母娘関係を冷静に見直すサインです。自立した人間へと生まれ変わる心の巣立ち法をお伝えします。

  • ストレスで目が悪くなる

    自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動、緊張、ストレスがあるときなどに働き、副交感神経は休息、リラックス、睡眠時に働きます。ストレスが目に及ぼす影響についてまじめに考えてみませんか?

1 / 43 1 2 3 4 5 最後 »