健康

健康管理に役立つ、ストレス、悩みなどのメンタルヘルスケア、ダイエット、アンチエイジングなど美容対策、睡眠管理、病気・症状への予防や対策、食事管理など、健康に役立つ様々な情報を紹介しています。

  • 持たない幸福論とはなにか?

    今の世の中で生きていくにあたって、働きたくない、といった思いはダメな思考とされています。社会に寄生して生きていくのかといった批判も加えられます。さらにはほとんどの人は家や車のローンを抱えて、それであるがゆえに自由に生きられないといった悩み、あるいは諦めを抱えていることもあるでしょう。

  • 禅トレをきわめよう

    メンタルがなんだか優れない。すぐにイライラとしてしまう。そのせいで仕事に集中できない。そのような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。そうした感情のコントロールはビジネスにおいては基本的なことではあるのですが、なかなか実行に移すことができませんよね。

  • 家庭医は地域も診る

    患者本人からその家族まで診るのが家庭医の仕事。でも、それだけにとどまらないと、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言います。ただ診療室に座って患者を待つばかりでなく、その町一帯を回り、地域医療の底上げにも寄与する家庭医は日本各地にいるのです。それは、ひいては日本全体の地域医療の未来にも関わる仕事だと、小坂さんは強調します。

  • かかりつけ医の見つけ方

    こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんのこれまでの話から、患者一人だけでなく家族全体を診る家庭医が、今後ますます必要になってくることは理解できたかと思います。自分も家庭医の世話になりたいと思い始めている方も多いでしょう。しかし、家庭医に認定された医師は現在、日本には700人足らず。ムダな通院を減らすための、自分にあったかかりつけ医の探し方を押さえておきましょう。

  • 家庭医が考えるサプリと偏食

    日本人ほど健康への知識欲が旺盛な国民はいないと言います。テレビの健康番組は人気化しやすい傾向にあり、街の書店では健康関連書籍コーナーに大きな面積が割かれがちです。しかし、そうした知識は、実際どこまで必要なのか?ここではサプリの正しい知識と偏食について、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんのアドバイスをもとに見ていきましょう。

  • 家庭医は終末医療もケアする

    患者1人だけでなくその家族全体、ひいては家の構造への気配りまでが家庭医の仕事の範疇だという、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さん。であれば、自ずと家族の一員の最期に関わることにもなります。そしてその日は、突然やってくるのです。

  • ストレッチに学ぶ疲労回復

    きちんと休んでいても体がなんだかだるい、思ったように動かない、といった疲労を感じる人は多いでしょう。特に年を重ねるごとに、そのだるさや倦怠感はいっそう高まってくるのではないでしょうか。

  • 家庭医は家族全体を診る

    家庭医の仕事はその名が示す通り、その患者一人だけを対象としたものでなく、家族全体を診ることを意味すると、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。その家族がどんな状況にあっても、家族を構成する一人ひとりが必ずどこかで影響し合っているというわけです。

  • 家庭医はストレスの強い味方

    総合力を強みとする家庭医には、精神疾患やストレスを訴える患者も頻繁に訪れるといいます。特にストレスの悩みを抱えているのは、20〜30歳代の比較的若い年代に多いようです。社会人になって日が浅く、仕事や人間関係で壁にぶつかることなどが原因と思われますが、ストレスがたまるほど、医療機関を転々とするドクターショッピングに流れる傾向が強くなると、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。まずは、小坂さんの体験談を見てみましょう。

  • 家庭医を支える信頼関係

    家庭医にとって重要なのは患者との信頼関係だと、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。患者の病気だけでなく、心のケアまで手広く行い、しかも家族ぐるみで長い付き合いを続けるには、患者に信用されることが大前提というわけですね。それは診察をよりスムーズにさせ、病気予防にもつながります。この信頼関係が医師と患者双方の負担を減らすことになるのは容易に想像できるでしょう。

  • 家庭医はもっと身近になる

    家庭医は、専門医の垣根を超えた網羅的な知識と技能を武器に、病状から悩み事などの心理面、生活習慣など患者が抱える包括的な問題を診断する“プロの見立て屋”だと語る、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さん。家庭医は、今は「隠れた存在」ながら、今後ますます身近な存在になっていくと期待する一方、複雑な問題も横たわっているようです。

  • 「家庭医」は日本の医療を変えるカギ

    「家庭医」をご存知でしょうか?聞いたことがあるようで、改めて聞かれるとよくわからないという方が多いかもしれません。大まかに言えば、ケガから病気、原因がはっきりしない痛みや、女性ならではのトラブル、時には心理面まで面倒を見る、総合かかりつけ医といったイメージです。専門医と何が違うのか、なぜ、今「家庭医」に注目すべきなのか、自らが家庭医を名乗る小坂昭文さんはその必要性を訴えます。

  • “健康大好き”日本人の落とし穴

    テレビに雑誌にSNSと、日本のメディアには健康に関する情報が溢れています。日本人の健康への関心度は世界でもトップクラスかもしれません。こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんもそう実感する一人。胃がんの原因として広く知られるようになったピロリ菌一つを例にとっても、日本人なら名前くらいなら聞いたことがある程度の反応があるのに対し、イギリスではほとんどの人が知らないことを知り驚いたそうです。

  • 1分仮眠をきわめる

    仕事が忙しいときにちょっと仮眠を取りたいと思う人は多いでしょう。しかしながら、ちょっと眠るつもりで、本気の眠りになってしまったといった経験は誰しもあるでしょう。さらには、眠りはしたのだけれども、思ったように疲れが取れないといった感覚もあります。仮眠というものは、長すぎても良くないのです。

  • 芸人に幸福論を学ぶ

    お笑い芸人というと、気ままな商売のように見えますが、実際は完全に実力主義の世界であり、給料も歩合制です。そのため、ほとんどの芸人はアルバイト暮らしを余儀なくされていると言われています。

  • ショートスリーパーの定義は?

    眠らない人がいます。仕事が忙しくて眠らないのか、あるいは体質として短い時間でも大丈夫であるのか。このように短い睡眠時間でも通常の活動ができる人は、ショートスリーパーと呼ばれます。

  • 食事はシンプルな方が良い?

    生きていくにあたって、食事は欠かせない要素です。食事の好み次第で、将来の健康が大きく左右されることも少なくありません。より良いライフスタイルを実現していくために、食事をどう意識すればいいのか、それを問いかけたものが津川友介による『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』(東洋経済新報社)です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の助教授を務める内科学専攻の著者が、栄養について記しています。

  • 孤独は幸福である?

    孤独であることは良いこととされていません。孤独死などといった言葉が、孤独のネガティブなイメージをより際立たせているといえるでしょう。しかしながら、孤独であることは、考えてみればぜいたくで幸せなものではないか。そうした逆説を提示した本が下重暁子による『極上の孤独』(幻冬舎新書) です。

  • サプリに頼りすぎは良くない?

    忙しい現代人にとってサプリメントは重要なアイテムでしょう。不足しがちな栄養をサプリメントによってまなかっているという人も少なくありません。もちろん、食事から取ることができれば、それが一番良いのですが、なかなかその理想を達成できる人はいません。

  • 集中を短時間で行うには?

    集中したいけれど、なかなかできないという人は多いでしょう。さらに集中は一旦できれば良いのですが、そこに至るまでが長くなってしまい、結果的に集中している時間がものすごく限られてしまうといった人もいるかもしれません。やってみれば簡単なようなことであっても、実行に移すことはなかなか難しいものです。そんな集中に関するメソッドを紹介した本が佐々木正悟による『短時間で「完全集中」するメソッド』(大和書房)です。

1 / 45 1 2 3 4 5 最後 »