集中力を高めるには?

血流を良くして細胞に酸素を送り届けることは、健康の基本。また、集中力がなくなる原因にも酸素が大きく影響しているのです。ふだん意識して生活することのない空気中の酸素について、ちょっと考えてみませんか?

空気中の酸素濃度の大きな影響

現代社会の空気中の酸素濃度は、約 21%といわれています。 これが20%まで落ちると、思考能力の低下や手足のしびれなどの変化が起こり始めます。 ほんのわずか1%ほど低下しても、影響が出るのです。 飛行機内や満員電車では、18%近くの低い数字になります。

頭がぼーっとする大きな原因は?

18%までは、一応安全範囲の最下限とされていますが、個人差によって体調に異変を感じる人も多くいます。 空気の入れ替えができない部屋や、長時間のフライト、満員電車での通勤が疲れやすく、頭がぼーっとしてしまうのは、酸素不足が大きな原因なのです。 ですが、逆に言えば、しっかり酸素を取り入れれば、脳に血液が十分供給され、集中力がアップします。

寝ずに電車で本を読めるように

私の提案するさまざまな生活習慣やエクササイズで、酸素を取り入れられるようになった患者さんの話です。  それまでは電車の中で本を読み始めると、必ず途中で寝てしまっていたそうです。 ところが、じょじょに長い時間読んでいても眠くなることがなくなり、ついにはまったく寝ずに本を読むことができるようになったのです。

目の酸素不足で眠気が起きる

実は、電車の中で本を読んでいて眠くなるのは、目が酸素不足で疲れている証拠です。 脳が「これ以上読むのはやめなさい」と指令を出すから眠くなるのです。 この患者さんは、ほかになにも目が覚めるようなことを実践していないので、「これは、目を改善したからに違いない!」とうれしくなり、わざわざ電話をかけて報告してくれたのです。

【まとめ】

・空気中の酸素濃度は約 21%、これが20%まで落ちると、思考能力の低下や手足のしびれなどの変化が起こり始める。 ・空気の入れ替えができない部屋、飛行機内、満員電車で疲れやすく、頭がぼーっとしてしまうのは、酸素不足が大きな原因。 ・しっかり酸素を取り入れれば、脳に血液が十分供給され、集中力がアップする。 ・電車の中で本を読むと眠気に襲われるのも、目が酸素不足で疲れている証拠です。集中力を高めるためにも、新鮮な酸素をたっぷり取り入れることが大切なのですね。 ★ 参考図書『目は1分でよくなる!』今野清志著 自由国民社