あなたは臭っていませんか? 簡単・臭い防止法

暦の上では秋になりましたが、まだまだ暑い毎日が続いています。全身からとめどなく流れる汗、汗、汗……。そうなると、気になるのは体のにおい。自分では臭っていないと思っても、自分のにおいは自分ではわからないものなのです。そこで今回は、気になる体臭を消すコツを紹介します。


■リンゴ酢を飲む

ワキガの原因はアポタンパクというタンパク質のせい。この生成を抑制することができれば、ワキガは防げます。リンゴの繊維質にはアポタンパクを減らす働きがあり、ワキガ対策に有効なので、積極的にリンゴを取るようにしましょう。さらに、酢にも消臭効果があるので、リンゴと酢のダブル効果が期待できる、リンゴ酢がオススメです。

■お風呂にコップ1杯の酢を入れる

体臭防止策として、コップ1杯の酢をお風呂に入れる「酢風呂」がおすすめです。体臭を解消するためには、雑菌の繁殖を抑え、血行をよくして汗線の機能を正常にすることが大切になります。酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、雑菌の繁殖を防いでくれるのです。

■汗を拭くときは濡れタオルで

臭いの原因は皮膚に残った雑菌です。水分の吸収には乾いたタオルが効果的ですが、雑菌はなかなかとれません。濡れたタオルで汗をふいて、しっかり雑菌を取り除きましょう。

■食事は肉類を控え、パセリの粉末を食事に加える

皮脂腺からの分泌物(脂肪酸)が臭いの原因になることがあり、脂肪酸を多く含む肉類を控えるだけでも、臭いの原因を減らすことができます。また、パセリ抽出物含有の消臭アイテムがあるように、パセリには強い消臭作用があります。食事の際に一緒に摂取するのも効果が期待できます。

臭い対策は社会人のマナーでもあります。消臭対策をしっかりして、暑い季節を乗りきりましょう。

「気になる「臭い」がみるみる消える100のコツ―ワキ、足、口の臭いから生活臭、服の臭いまですっきり(主婦の友社)」の詳細を調べる

    
コメント