歳を重ねるにつれて気になる加齢臭!加齢臭を対策するには

歳を重ねてくると怖くなってくるのが、ズバリ「加齢臭」。ニオイというのは自分ではなかなか気づきにくいものなので、一層心配になってしまいます。周囲にも迷惑をかけないためにもオヤジになったニオイのもとは早く消したいもの。今回は、加齢臭対策の方法をご紹介します。


■加齢臭の原因

加齢臭は、誰しもが出す皮脂が酸化されることで発生します。老化するにつれて、皮脂も酸化されやすくなってしまうのです。いわゆる「汗臭い」とは、別種の「変なニオイ」で脂っぽいのが特徴です。そのため、きちんと入浴してるからといって、加齢臭が防げるというわけではないのです。

■加齢臭対策に意識して洗いたい体の箇所

入浴の際には、皮脂の分泌量の多い体の場所を洗うのが良いでしょう。皮脂の分泌量が多いのは下記の八箇所。入浴の際にはゴシゴシ洗わないで、念入りに、かつソフトに洗うのを心がけましょう。

  • 頭皮
  • ひたいから鼻にかけてのいわゆる「Tゾーン」
  • 耳の後ろから首全体にかけて
  • 両腕、及び胸の中心部
  • 両脇
  • 背中の中心部(肩甲骨に挟まれた、背骨に沿った縦の部分)
  • へそとその周囲
  • 陰部

■食生活からも加齢臭を抑える!

加齢臭の原因は皮脂なので、常温で固形になる脂を摂らないよう心がけましょう。例えば、豚や牛の脂(ラード、ヘッド)やバターを摂らずに、魚や納豆、豆腐、味噌などで加齢臭対策の食生活に変えましょう。また、皮脂が酸化するのを防ぐには「抗酸化ビタミン」や「ケミカルファイト」が効果的です。

年齢を重ねると加齢臭がするのは避けられない……なんてことはありません。生活の中の少しの気遣いで、若々しいニオイを保ちましょう。

「加齢臭読本 いくつになっても、におわない人の習慣(奈良 巧)」の詳細を調べる

    
コメント