おじさんはなぜ臭い? 加齢臭は免疫力の低下で起きていた?

加齢臭は、一般におじさんが発するといわれ、ポマードのような独特な臭いと表現されます。実際は、男女に関係なく、40歳を過ぎた頃から臭い始めるものと考えられており、ある調査によれば、早ければ20代後半から臭いが出てくることも珍しくありません。できれば臭わない体でいたいものですが、何が臭いの原因なのでしょうか?


加齢臭は免疫力の低下で起きる?

じつは、加齢臭は免疫力の低下によって起こるのだといわれています。1999年に資生堂が発表した研究成果によると、加齢臭の原因物質はノネナールであったそうです。ノネナールは、皮脂腺から分泌される皮脂に含まれる脂肪酸の一種が酸化分解されることで発生します。

加齢によって免疫力が低下すると、増殖した皮膚のバクテリアが皮脂を分解してノネナールを生成するため、加齢臭が発生しやすくなるのです。また、男女でなぜ臭いの濃さが違うのかというと、女性に比べて男性は年をとっても皮脂量が減りにくいため、女性より臭いやすくなるのだと考えられています。

免疫力さえ強化すれば、「おじさん臭い」なんていわれることもなくなるのかもしれません。

「人体の謎未解決ファイルの記事」の詳細を調べる

    
コメント