一日一杯のビールが老化を防ぐ! 医者が提案する新常識とは

食事に気を使ったり、運動をしてみたり、いろいろやってはいても、老化は誰も防ぐことができません。でも、老化を防ぐ研究をしている医師によると、老化を防げるライフスタイルがあるそうです。中には驚きの行動も!30代から40代以降まで、本格的に老化が気になってくる年代の方必見です。


■毎日お酒を飲む

なんと1日ビール1杯(350ml)のアルコールが病気予防効果を発揮するそうです。もちろん飲み過ぎはNG、ほどよいお酒の量で。

■やせないようにする

肥満は病気の元、特に三大疾病にまっしぐらなどと言われますが、BMI(体重÷(身長×身長)が多くても少なくても死亡率は上がるそうです。

■有酸素運動をして、タバコは吸わない

これは理解できますね。有酸素運動は続けることで身体が軽くなりますし、タバコは肺をだめにします。ましてや家族に受動喫煙をさせるのはもってのほかです。さらに、老けない人になるためには筋トレを行うのも効果的だそうです。

■病気になっても長生きを目指す

これは「!?」と思いますが、病気になったことは逆に健康に目覚める絶好のチャンスであり、病気になった人のほうが健康に気を使ってその後の死亡率が下がったというデータもあるそうです。

どれも言われてみれば納得ですが、目からうろこなものもありました。今日からこれまでの意識を変えて、実行してみませんか。

「見た目が若いと長生きする カラダ管理の新常識! 15のルール(川田 浩志)」の詳細を調べる

    
コメント