抜け毛対策には「イソフラボン」と「カプサイシン」が効果的!

髪の悩みは、男女問わず、年を重ねるごとに増していきます。しかし、近年抜け毛対策には「イソフラボン」と「カプサイシン」が有効であることがわかってきました。その理由を紹介します。


薄毛の原因

薄毛の原因は、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、加齢、ストレスなどにより、髪の毛をつくりだす毛母細胞が活動を休止してしまうことで発生します。

抜け毛対策にはIGF-1

抜け毛対策には、この毛母細胞を復活させ、ヘアサイクルを元に戻さなくてはなりません。  その救世主となるのが、IGF-1(インスリン様成長因子1)という物質にあることがわかったのです。

IGF-1は、細胞の成長を助け、健康を維持するのにとても重要な役割を担っています。このIGF-1が、髪の毛の成長が止まってしまったあとの毛乳頭を再び活性化させ、毛母細胞の活動を活発にして髪を生やしてくれるのです。ただし、IGF-1の量には個人差があります。

IGF-1を増やしてくれる「カプサイシン」と「イソフラボン」

IGF-1が少ない場合は、薄毛になりやすく、育毛のためには、その量を増やす必要があります。このIGF-1を増やすには、まず正しい食習慣、十分な睡眠、適度な運動が大事です。

また、唐辛子に含まれる「カプサイシン」と大豆に含まれる「イソフラボン」が有効です。1日小さじ2杯の唐辛子(カプサイシン)と半丁分の豆腐(イソフラボン)が適量です。

抜け毛対策には、「カプサイシン」と「イソフラボン」の入った食材を食べるようにしましょう!

「抜け毛などアンチエイジングしたい人のための本」の詳細を調べる

    
コメント