ビタミンDを摂って、老化を防いで長生きしよう!

ビタミンDを摂取すると老化を防いでくれます。骨、筋肉、血管の若さを保ってくれるのです、しかも、ビタミンDは老化の原因と言われている「テロメア」にも効果的なのです。


老化時計「テロメア」

「テロメア」を知ってしますか? テロメアとは、染色体の末端部にある遺伝子の構造のことで、細胞分裂をくり返すたびに少しずつ短くなっていき、ある長さまでいくと細胞分裂ができなくなり、損傷が蓄積して老化が進んでいくという「老化時計」のことです。そのため、テロメアが長ければ長いほど、老化が遅れ、長生きができます。

そして、血中のビタミンDの値が高い女性は、テロメアの長さが長いのです。しかし、これは女性だけにあてはまる話で、なぜ男性にあてはまらないのかはわかっていません。

ビタミンDは骨、筋肉、血管の若さを保つ

また、ビタミンDを補充した人は、しなかった人にくらべて死亡率が低かったという報告もあります。これは男女ともにあてはまる報告ですので、やはり老化防止にはビタミンDを意識的に摂ることが大事です。しかも、ビタミンDは、骨、筋肉、血管の老化防止にも効果があります。

ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDを多く含む食品は、黒かじき、白さけ、身欠きにしん、あんこうの肝、かわはぎなどです。干ししいたけも、体内でビタミンDに変化する成分をもつのでおすすめです。

ビタミンDを積極的に摂ることで老化を防ぎ、長生きしましょう。

「アンチエイジングの新常識50死ぬまで老けない人になる(久保明)」の詳細を調べる

    
コメント