「糖質」とよく似た言葉に注意しよう! 「糖質ゼロ」「糖分ゼロ」「無糖」「炭水化物」の違い

「糖質」という言葉の意味を知っていますか? 糖質、糖分、無糖、炭水化物などかなり定義がややこしい言葉なのです。


糖質とは

糖質とは、単糖類と二糖類、多糖類、そして糖アルコール、人工甘味料のことです。単糖類は単糖類はブドウ糖、果糖、ガラクトースなど、二糖類とはショ糖(いわゆる砂糖)の主成分、多糖類はでんぷんとオリゴ糖のことです。糖質は甘いものだと勘違いされやすいですが、多糖類のでんぷんのように甘くない糖質も存在します。

この他、糖アルコールと人工甘味料も構造上は糖質に分類されますが、血糖値をほとんど上げません。また、人工甘味料は血糖値を上げませんが、大量に摂取すると健康に悪影響をもたらします。

糖アルコールは天然に存在する物質です。特にエリスリトールは吸収されてそのまま尿に排泄されるので、便をゆるくすることもなく、血糖値も上昇させないので、利用しやすい甘味料です。

糖類ゼロでも糖質は含まれている!?

「糖類ゼロ」と書いてあるドリンクがありますが、「糖類」とは単糖類と二糖類のみを指すということに法律で決まっています。糖アルコールや多糖類が含まれていても法律では、「糖類ゼロ」と書いていいことになっています。しかし、糖アルコールや多糖類も「糖質」です。

「糖類ゼロ」と書いてあっても、商品によっては「糖質ゼロ」ではないので血糖値が上がる可能性があります。

無糖は糖質ゼロ

「無糖」と書いてある場合は「糖質ゼロ」と同じです。ややこしいですね。

糖分には決まりすらない

もっとややこしい言葉が「糖分」です。これは法律にも決まりがなく、この言葉をつかう人が勝手に意味を決めています。「糖分ゼロ」は「糖質ゼロ」とはかぎらないので注意が必要です。

炭水化物は糖質+食物繊維

炭水化物は、糖質と食物繊維を含んでいます。食物繊維は食べても栄養として吸収されんたいめ血糖値を上げません。ただ、ほとんどの食品では炭水化物の中の食物繊維の割合は低く、炭水化物という言葉は、糖質と同様と考えましょう。

食品のラベルの「糖質」と「炭水化物」以外の言葉には、注意しましょう。ただし、「糖質ゼロ」「カロリーゼロ」の表示があれば大丈夫です。

ややこしい言葉の定義マジックにだまされないようにきちんと理解するようにしましょう。糖質制限ダイエットをする人は覚えておいたほうがよいでしょう。次は、糖質制限ダイエットの効果その1を紹介します。

次の記事

「糖質制限ダイエットの効果1」

前の記事

「アルコールも飲める糖質制限ダイエット」

参考本

「京都の名医がおしえる「やせる食べ方」(江部康二)」

    
コメント