糖質制限ダイエットのおすすめ本3冊!

糖質制限ダイエットとは、糖質を制限するだけで、食事制限や運動を必要としないダイエットです。元々は糖尿病治療に使われていた食事療法ですが、ダイエットにも効果があるため話題となっています。

実際に、糖質制限ダイエットを行ったところ5kg以上さくっと痩せかなり効果がありました。ただ、糖質制限ダイエットに関しては本がたくさん出版されているため、どの本を読めばいいか悩みますよね。糖質制限ダイエット本を10冊以上読んだ中から、特にわかりやすかったおすすめの本を紹介します。


1. 腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」

糖質制限ダイエットをするなら、江部康二先生の本がわかりやすいです。糖質制限ダイエットについての本を多く出版されていますが、本書がおすすめです。新書のため価格も安く、中身も充実しています。

「腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」(江部康二)」


2. 京都の名医がおしえる「やせる食べ方」

こちらも江部康二先生の本です。こちらのほうが口語体となっているため、少し難しい用語の説明もすーっと頭に入ってきます。正しい糖質制限ダイエットをしたいのであれば、江部先生の本は1冊は必ず読んでおくことをおすすめします。

「京都の名医がおしえる「やせる食べ方」(江部康二)」


3. 糖質制限食のススメ

糖質制限食のススメは、ゆるーい糖質制限ダイエットをすすめてくれます。糖尿病治療と糖質制限食の関係もわかります。きっちりダイエットが出来ない人のためにもゆるい糖質制限食はおすすめです。

「糖質制限食のススメ(山田悟)」


糖質制限ダイエット本でおすすめしないのは体験記系です。体験記がある分内容が薄くなっています(ただし、理論は知っているけどモチベーション管理であれば別)。

糖質制限ダイエットの基本理論や方法を知るのであればこの3冊がおすすめです! 糖質が多い食べ物を制限するだけですごい効果があるので、簡単で楽ちんです。気になった人は実践してみて下さい!

前の記事

「糖質制限ダイエットの効果4「肝臓でカロリーが消費される」」

    
コメント