やせる食べ方には順番がある! 「ばっかり食べ」のすすめ

みなさんは、目の前にお料理が出てきたら、まず何から箸をつけますか? たとえば、ハンバーグ定食だったとして、すごく空腹のときって、真っ先にハンバーグに箸がのびたりしません? 同じメニューでも、食べる順番によって、血糖値の上がり方や腸からの吸収率が違うので、脂肪がつきにくい・つきやすいという違いがあるんです。おすすめなのが、一品ずつ食べる「ばっかり食べ」です。

痩せる食べ方の順番とばっかり食べ

ダイエットのためには、「ばっかり食べ」がおすすめです。スープやみそ汁といった汁物があれば、最初は、それからいただきましょう。空腹感が強いときでも、温かい汁物を飲むと、とりあえずおなかが落ち着いて、ドカ食い防止になります。 その次は、野菜。生野菜サラダでも、温野菜でもOKですが、ノンオイルで調理された野菜をたっぷり食べましょう。野菜に豊富な食物繊維が、そのあとに食べる油や炭水化物の吸収をゆっくりにしてくれる効果があります。 それから、ようやくメインの肉や魚をいただきます。肉や魚には体に欠かせないたんぱく質が豊富ですが、同時に脂肪も含まれているので、控えめにするのがポイントです。メインディッシュだからといって、たっぷり食べる必要はないんです。 そして、最後にご飯やパンといった主食です。もちろん、おなかが満たされていれば、食べなくてOKです。どうしても食べたいときだけ、少し食べるようにしてください。 痩せるためには、食べる順番を守り、ばっかり食べをするのが効果的です! 「一生モンのやせ体質になる 1分間集中ダイエットの記事」の詳細を調べる