飲み会では、低カロリーおつまみを食べることからスタートすることが痩せるコツだった!

外でお酒を飲む、いわゆる「飲み会」というおつき合いがありますね。食べるよりも、お酒を飲むほうが中心という、居酒屋などでの宴席です。この場合、酒量は人によってそれぞれですから、「飲みすぎないように」としか言えませんが、気をつけたいのは、酔った勢いでの「食べすぎ」です。飲み会では、低カロリーおつまみを食べることからスタートすることが痩せるコツなんです。


空腹のまま飲んだら最悪のデブになるよ!

空腹のまま、いきなり飲み始めると、お酒をガンガン飲んでしまううえ、いっときはお酒で空腹感が満たされるものの、そのあとに食欲がワーッとわいてきます。このとき、すでに酔いが回っていると、食べすぎてしまうんです。その勢いで、シメのラーメンまで食べてしまったら、もう最悪!

そんなときは、「ドカ食いを食事で調整するなら、その日か翌日までが、翌日は朝から絶食覚悟で調整してください。もちろん、歩く、階段、掃除といった運動もセットです。

理性があるうちに低カロリーのおつまみを食べよう!

そんなハメに陥らないためには、飢餓感を覚えるほどの空腹で宴席に臨まないことです。飲む前に、できれば、お水やお茶を飲んで、おなかを落ち着けておくといいでしょう。そして、理性がしっかりしているうちに、低カロリーのおつまみを食べましょう。

お酒を飲むと肝臓に負担がかかるので、肝臓の代謝を助けるために、たんぱく質をとるのが二日酔い予防にも効果的です。たんぱく質を含んだ低カロリーおつまみといえば、枝豆や冷奴、納豆などです。

ほかにも、脂肪が少ない焼き鳥、白身魚やえび、たこ、いかの刺身など。本当は、野菜のおつまみもとりたいところですが、ドレッシングたっぷりのサラダや、ディップをつけて食べる野菜スティックは、意外にカロリーが高いので、おひたしや風呂吹き大根などがベストです。

そうして、低カロリーおつまみでおなかを満たしておけば、お酒の飲みすぎ防止にも役立ちます。

「一生モンのやせ体質になる 1分間集中ダイエットの記事」の詳細を調べる

    
コメント