生の果物・野菜を食べるだけで痩せる酵素ダイエットとは?

ダイエットといえば、厳しい食事制限、激しい運動が必要と思われがちですが、生の果物・野菜を食べるだけで簡単に痩せる酵素ダイエットがあることを知っていますか? 最近話題の酵素ダイエットについて紹介します。


酵素とは

酵素とは、すべての生物が生きていくうえで欠かせない栄養素です。8大栄養素と言われる「炭水化物・脂質・ビタミン・たんぱく質・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカル・水」に次ぐ9番目の栄養素です。

消化や代謝といった体内におけるすべての化学反応に使われ、呼吸をしたり、手足を動かしたり、まばたきしたり、といったあらゆる生命活動にも酵素が不可欠です。私たちは酵素なしでは生きていけません。「酵素」は、生物の生存に不可欠な栄養素です。呼吸や消化、代謝や血液の循環といったあらゆる生命活動に関わるため、酵素が不足すると、体調不良のもととなります。

2種類の酵素

酵素には、もともと人間の体に存在する「体内酵素」と食べ物に含まれる「食物酵素」の2種類がありますが、「体内酵素」は加齢とともに減っていってしまうため、食べ物から酵素をとり込んで補給する必要があるのです。

酵素は熱に弱い

「食物酵素」の最大の特徴は、熱に弱く48℃以上の加熱で死滅するため、生の食べ物にしか存在しないこと。すなわち生野菜、生のフルーツ、生魚、生肉、発酵食品などに含まれるわけですが、中でも体内できわめて有効に働くのは「生野菜・生のフルーツ・植物性の発酵食品」です。

これらの食品を中心に食生活を組み立てると高い健康効果を得られることが、スコットランドのローエット研究所の実験結果をはじめとして、数々の研究からも明らかになっています。

酵素3つの効果

このような食生活を続けると、健康になるだけでなく驚くほど高いダイエット効果も実感できるのです。それは、酵素の多い食べ物に含まれる、次の3つの効果のおかげです。

1. 酵素力効果

代謝が上がり、体内のデトックス作用が高まる

2. ビタミン・ミネラル効果

酵素の働きを助ける補酵素としての働き

3. ファイバー(食物繊維)効果

腸内環境を整え、お通じをよくする

酵素の多い食べ物には抗酸化作用(スカベンジャー)を持つファイトケミカルが含まれています。抗酸化作用によって、健康・美容・老化の大敵「活性酸素」が減少するため、しみ・しわの解消や肌の再生といった美容効果およびアンチエイジング効果も期待できるのです。

酵素ダイエット3つのポイント

ダイエット成功のカギは「消化を良く」して「代謝を上げる」ことです。そこで、「酵素」を日々の食事に取り入れることが、ダイエットの最短ルートです。自分に不足している酵素を知り、その酵素をたっぷり含んだ生野菜、フルーツを手軽においしく食べるだけで、みるみる消化力&代謝がアップします。つらい食事制限も激しいエクササイズもありません。

1. 食事制限はなし

食べたいものをガマンしても、基礎代謝が落ちてリバウンドするようでは意味がありません。ガマンによるストレスも、ダイエットの大敵です。

2. 体型・体質別に対処するダイエット法

あなたの体型や体質から、不足する酵素と栄養素を見つけ出すことで、それぞれに合ったダイエットをすることができます。

3. いつもの生活に「生」をプラスするだけ

代謝を上げる「酵素=生の食べ物」をいつもの生活にプラスするだけで、太りにくい体質に変化します。

酵素で痩せる理由

なぜ「酵素」を摂取すると痩せるのでしょうか? その理由は「代謝」が関係しています。代謝とダイエットの関係をみてみましょう。じっとしていても生命活動を維持するために使われるエネルギーのことを、「基礎代謝」といいます。この基礎代謝が高い人は、脂肪が燃えやすいカラダ。逆に基礎代謝の低い人は、たまった脂肪が燃えにくく、太りやすいカラダというわけです。

ダイエット成功のカギは、この基礎代謝を含む「代謝アップ」にあります。基礎代謝を上げることが、ダイエット成功のカギです。

代謝4つの仕事

代謝は、基礎代謝を含めて、主に次の4つのお仕事をしてくれています。

1. エネルギー消費
2. 毒素排泄
3. 細胞の再生
4. 免疫力向上

代謝機能は年齢とともにダウンしてしまいます。運動で筋肉細胞を増やして脂肪を燃やしやすいカラダにすることが代謝アップの近道として知られていますが、続けることは難しいです。そこで、簡単に始められるのが酵素ダイエットなのです。

酵素とダイエットの関係

では、酵素とダイエットの関係について見て行きましょう。酵素には2種類あります。

1. 体内で作られる体内酵素
2. 食べ物に含まれる食物酵素

1. の体内酵素は、食べものを消化するための消化酵素と、代謝や生命活動の維持のための代謝酵素という2つの働きに振り分けられます。体内で作られるすべての酵素を代謝酵素に回すことができれば、代謝機能が上がり、いつも健康となるのですがそうはいきません。

体内で生産される酵素は量が限られていて、まずは消化に優先的に利用されます。消化酵素に使って、余った分が代謝のための酵素として使われます。そのため「酵素不足」の生活を送っていると、体内酵素は主に消化に使われてしまい、代謝に使える酵素は少なくなってしまいます。

すると、代謝の4つの働き(エネルギー消費、毒素排泄、細胞の再生、免疫力向上)が衰え、体重増加やむくみ、体調不良に直結します。逆に、消化に回す酵素をなるべく減らせば、代謝酵素を温存することができ、代謝アップの近道になるのです。

そこで、2. の食べ物によって酵素を外部から補給すればいいのです。野菜やフルーツなど、生の食べ物に含まれる酵素が食べ物そのものを消化すると同時に、胃の中で消化液の分泌を促すので消化がよくなります。そして、消化酵素の浪費を防いでくれるのです。

特定の酵素が足りない!

「おなかまわりはすっきりしているのにお尻と太ももの脂肪が」
「顔や肩周りはほっそりしているのに、おなかが」

といった悩みはありませんか?下半身にぜい肉がつきやすい人、カラダ全体に脂肪がまんべんなくつき、風船のような体型の人、と脂肪のつきやすい部位は人それぞれです。それは、ある種の酵素が不足しているからなのです。

たとえば、空腹時にチョコレートや菓子パンを好んで食べる人は、炭水化物分解酵素という消化酵素が不足しているため、炭水化物を食べてもうまく消化できません。消化できないと、栄養素として体内に吸収できないので、食べても食べても飢餓感ばかりつのります。そして、また菓子パンやチョコレートを食べてしまうという悪循環の繰り返しなのです。しかも吸収されなかった炭水化物は、脂肪として蓄積してしまいます。

永年かけて習慣化された食べ方によって、特定の酵素が消耗されてしまい、その結果、その食べ物の主成分となる栄養素を消化する酵素が不足しているのです。逆に言うと、その食べ物があなたの好物である理由は、栄養として吸収されないせいで、どんなに食べても食べた気がせず、もっと食べたくなってしまうのです。実は「栄養失調」だったというわけです。そして、かたよった食べ方をするうちに、脂肪や毒素が特定の部位ばかりに蓄積してしまい、肥満や血行不良の原因となるのです。

自分に足りない酵素を補って簡単ダイエット

では、あなたに不足している酵素はいったい何でしょうか? 人間のカラダには、約1万3000種を超える酵素が存在していると言われています。それぞれ役割があるのですが、中でも重要な消化酵素は次の4種類です。

1. 炭水化物分解酵素
2. 脂肪分解酵素
3. タンパク質分解酵素
4. 乳糖分解酵素

この4つの消化酵素のうち1つでも足りなくなると、特定の栄養素が消化吸収できず、カラダは飢餓状態になります。おまけに、消化不良を引き起こし腸内環境が悪化し、代謝も低下してしまうのです。ですから、好きな食べ物ばかり食べ続けていれば、体重増加につながってしまいます。

さらに、不足している酵素の種類によって、太り方(体型)まで違ってきます。消化酵素4タイプに応じて、太り方も4タイプ(洋ナシ型、りんご型、マンゴー型、バナナ型)に分かれるのです。

このように、人によって不足する酵素が異なり、それぞれの体型や体質に大きな影響を与えているわけですが、改善は実はとてもカンタンです。不足している酵素を含む食べ物を積極的に食べるだけです。

すると、飢餓状態が解消され、あなたを苦しめていた好物が自然と欲しくなくなってくるのです。体質・体型を改善するには、まずは、あなたに不足している消化酵素が何なのかを知らなければなりません。

酵素ダイエットプログラムとは?

酵素がたっぷり含まれる生の野菜やフルーツがおすすめですが、毎日それだけを食べなさい、というわけではありません。おすすめしているのは、「好きな食べものはガマンせず、野菜やフルーツをおいしく取り入れる」方法です。それには、次の3つを実践してみてください。

1. 包丁いらずですぐとれるフルーツ、ドライフルーツ
2. 家庭のミキサーで手軽に作れるスムージー
3. 夕食に1品プラスしたいカンタン副菜

1. フルーツ+2. スムージー+3. 副菜の組み合わせを毎日の食生活で取り入れていけば代謝が上がり、ダイエットにも健康にも美容にも効果大です。

酵素を食べ物から体内にとり入れる3つの方法

酵素不足を解消するには、食べ物から酵素を取り入れることが大切です。そのためには、毎日の食事で、野菜やフルーツを生で食べることが必要ですが、忙しい生活をしていると、なかなか難しいものです。そこで、どんな人でも簡単に始められる3つの方法を紹介します。

1. 朝食に果物やスムージーをプラスする

ナチュラルハイジーンという健康理論では一日の生理リズムの中で、午前4時~昼12時を排泄の時間とし、排泄を促す食材を食べることを推奨しています。生の果物や野菜は排泄を促します。できれば加熱食は食べないほうがよいのですが、まずは、いつもの朝食に「生」をプラスすることから始めてみましょう。

2. おやつ代わりに、ドライフルーツや果物を持ち歩く

コンビニスイーツなど市販のおやつには脂肪分や白砂糖がたっぷり含まれているため、消化酵素を浪費してしまいます。酵素の他、食物繊維も豊富なドライフルーツ、バナナやみかんなら、持ち運びしやすいのでお勧めです。ドライフルーツは砂糖が添加されていないものを選びましょう。

3. まず生から食べる

酵素は48度以上の環境では死滅してしまいます。したがって、生(非加熱)で摂取することが大切です。サラダやあえもの、スムージーなどが最適です。

酵素を含む食べ物が先に胃に入ると消化酵素の分泌も促してくれるので、後から入る加熱食を効率よく消化してくれます。食事の際は、「生」の食べ物を最初に一品食べることを心がけてみましょう。

実際に一ヶ月実践したら簡単に5kg痩せることが出来るほどおすすめな酵素ダイエット! 次の記事でタイプ別の酵素ダイエットプログラムをみていきましょう!

次の記事

「タイプ別! 酵素ダイエットプログラムにおすすめの食品」

参考本

「超カンタン! 体型別 体質改善 酵素ダイエットプログラム(松崎みさ)」

    
コメント