ダイエットをするなら1日何食がベストなのか? 原始時代の食事から考える

ダイエットをするなら1日3食にすべきなのか、それとも話題の1日1食にすべきなのか悩みますよね。そもそも、本来は1日何食がベストなのでしょうか? 原始時代の食生活から考えてみましょう。


■原始時代の食生活

効果的なダイエットをするなら原始時代の食生活を理解することが不可欠です。栄養やエネルギー摂取の仕組みができた原始時代の食生活を知ることがポイントだからです。

原始時代は1日2食でも3食でもなく、食料が手に入るときにお腹いっぱい食べるという不規則な食生活だったと言われています。原始人が活動していた時間は1日3時間ほどだったという説が有力です。活動時間は日が昇っているときに限られましたし、無駄に動き回るとそれだけエネルギーを消耗しますから、お腹がすいていないときはあまり動かなかったのです。

ライオンなどの肉食動物も満腹のときは昼寝して体力を温存します。原始人と比べると現代人は長く活動していますから「食料が手に入るときに食べる」という原始人スタイルは馴染みません。

現代では1日3食が一般的ですが、江戸時代までは1日2食が普通でした。電灯が発明されて夜間も活動できるようになり、活動時間がさらに延びた結果、1日3食が定着したようです。

1日3食はエジソンの影響?

一説によると「1日3食が健康によい」と主張したのは、電灯の改良にも功績を残した発明王トマス・エジソンが始めだったと言われています。エジソンは自らが発明したトースターを売るために、朝食を食べる習慣がない人にトースターを買ってもらうおうと1日3食を広めたというのです。

結果としては、1日3食で体調がよく、生活のリズムができているなら、そのままでよいでしょう。しかし、1日2食でも生活のリズムができているなら、長年2食だった人があえて3食に変える必要はありません。「お腹が空いたら食べる」ことを意識しましょう!

「腹いっぱい肉を食べて1週間5kg減!ケトジェニック・ダイエット(斎藤糧三)」の詳細を調べる

    
コメント