体重が落ちる! 仕事の能率が上がる! 人生が変わるフルーツデトックスとは

「ちゃんと寝ているのに、朝からカラダが重い……」
「昼食後は眠くなって仕事どころじゃない……」
「社会人になってから太ってしまって、旧友に会いたくない……」

などの悩みを抱えるビジネスマンは多いのではないでしょうか。
これらの原因は、身体の汚れにあります。身体の中に汚れが溜まっていると、運動をしても、野菜を食べても爆発的な効果が見込めません。
そこで、まず必要となるのが身体の中の掃除をすること、つまり「デトックス」です。

そして、この「デトックス」にうってつけなのが「フルーツ」です。今回は、「一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?」(上野啓樹・俣野成敏著)より「フルーツデトックス」の方法を実践した人の声も一緒にご紹介します。


●そもそもなぜフルーツ?

まず、数ある食材の中でなぜフルーツが効果的なのか説明しましょう。

フルーツでデトックスできる理由として、①糖質や脂肪を分解・燃焼する酵素が豊富 ②抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれ、細胞の活性化と代謝を促す ③食欲を抑えるアミノ酸が含まれる ④便秘をよくする食物繊維が豊富 が挙げられます。

不要物を出すことで痩せることができ、消化にエネルギーもとられないので頭が冴え、仕事が捗ります。代謝がよくなることで疲れもとれやすくなるので、朝もスッキリ目覚めることができます。フルーツデトックスはいい循環を生み出してくれるのです。

●フルーツデトックス、その方法は?

フルーツデトックスの方法は、ただフルーツを食べればいいというわけではありません。

・短期集中で1~2か月を「フルーツデトックス期間」とし、
・3日に1回「フルーツデー」を設け、
・新鮮なフルーツを常温で

食べましょう。この3日に1回の「フルーツデー」で食べていいのはフルーツだけ、飲んでいいのは水だけです。フルーツデー以外の「デトックス期間」の日も、朝はフルーツだけ。昼と夜はサラダと何か軽いものを食べ、20時以降は物を食べないようにします。このとき、サラダから食べるようにしてください。

食べるフルーツは、リンゴなど水分の多いものを中心に食べましょう。みかんは持ち歩きしやすく、出先でも食べやすいためオススメです。また、職場でお昼を食べるならリンゴがオススメ。量販店などには「リンゴカッター」が売っているため、それを使えば手軽に食べられますよ。

●自分のスケジュールだけで動けない社会人の生活。それでも大丈夫!

しかし、そうは言っても、どうしても付き合いで飲み会に参加しなければならないということもありますよね。その時は、当日の朝昼はフルーツのみ。夜はサラダを食べてから食事をしてください。そして、翌日はいつも通りの時間に起きて、朝は水のみにしましょう。そして、昼と夜もフルーツのみにします。

また、飲み会の際はお酒を飲んだ分お水を飲むよう心がけましょう。

●実のところの効果は…?

この「フルーツデトックス」を試したのが、ある営業マンの男性。この方は、フルーツデトックスを試して1ヶ月で8.5kgも痩せそうです。さらには身体も軽くなり、午後の眠気も来なくなったとか。

いかがでしたでしょうか。いいことづくしの「フルーツデトックス」。試してみる価値があるのではないでしょうか?
更に詳しいやり方は、「一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?」に載っています。

「一流の人がこだわるコンディション」の詳細を調べる

    
コメント