寒いだけでカロリーは消費する?

人間の成人男性が1日に摂取するカロリーの目安は約2000カロリーと言われています。しかし、コンビニやスーパーで売られる商品のカロリー表示を見てもわかる通り、ちょっとした揚げ物のお弁当だけで1000カロリー近くを取ってしまいます。

1日の摂取カロリーが、基準より多ければ太っていきますし、少なければ痩せていきます。理屈は単純なのですが、現代社会には高カロリーな食事があふれているため、なかなかダイエットはうまくいきません。

しかし時と場所によっては必要とされるカロリーは異なってきます。


1日5000カロリーでも痩せていく

例えば北極などの極地を探検している人たちの本を読んでいくと、1日5000カロリーを摂取してもどんどん痩せていくといった様子が描かれています。

最初は体の脂肪を燃焼させていくのですが、それが尽きると体が動かなくなったり、カロリーを求めてものすごい空腹、飢餓感を覚えたりすることもあるようです。

カロリーとビタミンの摂取源

さらに、往年の探検家たちは、カロリー不足とともにビタミンの欠乏症にかかっていたこともわかっています。生野菜や果物を摂取できないために体の中からビタミンがなくなってしまう症状をいいます。現在ならば、サプリメントなどで代用できるのでしょうが、かつてならば食べ物からしか取ることができませんでした。

北極圏に古くから住むイヌイットの人たちはアザラシの生肉を食べることでも知られています。アザラシの生肉は高カロリーでビタミンが豊富です。不足しがちな栄養素を得るための永年の生活の知恵がそこにはあるのです。

「肉だけダイエット? ケトジェニックダイエットとは」の詳細を調べる

    
コメント