女性の体は何故冷えるのか? 冷え性と姿勢の関係。

2月に入り、日に日に寒さが増していっています。この時期、女性にとっての天敵は何と言っても冷え性でしょう。冷え性じゃない女性はいないのではないかというほど、多くの女性は冷え性に悩んでいます。今回は冷え性の解決方を姿勢と絡めて紹介します。


■歪む位置で異なる不調

普段はあまり意識しない姿勢。手荒いうがいのように、姿勢を意識している人は少ないと思います。ですが、姿勢が崩れると実に多くの困ったことをもたらします。

目/鼻/口/肺

胸より上の部分の不調がある人は「首まわりの歪み」を疑ってみましょう。体の中で一番重いパーツは頭です。首まわりの歪みは神経の圧迫を招くので、疲れ目や視力低下、または息苦しさを引き起こします。

心臓

動悸や息切れ、めまいを感じる方は「首の骨の下」が歪んでいる可能性があります。首の下の骨、すなわち胸椎は肺だけでなく、心臓の神経も圧迫するのです。

消化器

胃もたれや便秘を感じる方は、「腰回りの骨」が歪んでいる可能性があります。ヘルニアに代表される腰椎は、神経だけでなく消化器にも影響を与えているとは驚きです。

生殖器

生理痛が酷すぎたり、生理不順の人は「おしりの骨」を正常な位置に戻すのをオススメします。姿勢が悪いというと、背骨や首の骨にばかりに意識がいきますが、おしりの骨も大事な骨の一部なのです。

■冷え性

特に若い女性の間で、爆発的な人気と定着率を誇る冷え性ですが、なぜ起こるのでしょうか。

冷え性の原因は姿勢

寒い日は厚着にホッカイロで冷え性を乗り切るのはスマートとは言えません。せっかくなら、根本から治すのが一番良いのではないでしょうか。

冷え性の大きな原因は「血液が上手く循環しないこと」によるものです。男性に比べ、運動量が少ない女性は筋肉が硬くなり、筋肉周辺の血管が圧迫され十分な血液が流れなくなります。その結果、末端組織である手足が冷えてしまうのです。

とりあえず姿勢を正せ

解決法は勿論「運動すること」なのですが、忙しい毎日を送っている女性陣には難しいお話。それならば、日常生活でできる「姿勢を正すこと」をオススメします。正しい姿勢は正しい筋肉を使うので、変に凝り固まったりはしないのです。その上、血行が良くなると肌の艶や化粧のりが良くなるなど、アンチエイジング効果も期待出来ます。

近所で評判な美人さんは、揃って姿勢がとても良いはず。日常の動作も綺麗になる正しい姿勢を心がけたいものです。

「1日1分で変わる! 老いない体のつくり方(仲野 孝明)」の詳細を調べる

    
コメント