白髪・たるみ・老いは「血液の若返り」で解決できる!?

「白髪が増えて髪がパサついてきた」

「シミやたるみ、肌の衰えが気になる」

「更年期でなんとなく体の調子が悪い」

誰もが年齢と共にこのような症状が
少しずつ出てきます。

しかしできればいつまでも
若い時と同じような元気で美しい体で
いたいものですよね。

そこで本日は、女性が「元気で美しい体」を
手に入れる3つのポイントをご紹介します。


血液の質をよくする「補血(ほけつ)」

東洋医学では、「女子、以血為本、以血為用」と言われ、
女性にとって“血液”が健康の根本であると考えられています。

月経・妊娠・出産がすべて
“血液”と関係していることからも、
女性にとって血液は非常に重要だと言えるでしょう。

血液の質をよくしていくためには、
2つのことが大切です。

1つ目は、赤血球、白血球などの血液成分を増やすこと。

これを「造血」と言います。

2つ目は、血液の循環機能を高めること。

これら2つを合わせて東洋医学では
「補血」と呼んでいます。

陰を滋養する「滋陰(じいん)」

中国最古の漢方理論書『黄帝内経』には、
「陰を滋養する者は長寿」という記述があり、
体の「陰」を養うことが大切だと考えられています。

体の「陰」とは血・津液・精の3つを指します。

津液とは体に潤いを与える物質のこと。
精とは血・津液の厳選された部分で、腎臓に貯蔵されます。

ちなみに体の「陽」とは気のことを指します。

気とは体が持つ生命エネルギーのことです。

漢方の定説では、

「陽は常に余り、陰は常に不足する」

と言われ、陰の大切さが説かれています。

身体の内外をうるおす「潤燥(じゅんそう)」

東洋医学では、身体をうるおすことを「潤燥(じゅんそう)」と言います。
潤すからと言って水分をたくさん飲むことではありません。
潤燥のポイントとなるのは、血液と津液です。

身体の内側が潤うことで
「便秘」「関節痛」「喘息」「息切れ」「空咳」が
改善されると考えられています。

また、身体の外側が潤うことで
「たるみ」「髪のツヤ」「皮膚のかゆみ」「あかぎれ」が
改善されると考えられています。

血液も体液津液もすべてが停滞することなく
体のすみずみまで巡っていると、若々しく健康な状態であると言えます。
 
あなたがもし「便秘」や「関節痛」の症状に悩まされていたり、
髪のツヤがなくなってきたと感じるのであれば、
身体の潤いが足りない可能性があります。

ロバの皮が「補血・潤燥」に効く!?

中国では古来より「ロバの皮を煮込んで作る生薬」が
「補血・潤燥」に効果があるとされてきました。

このロバの皮を煮込んで作る生薬は「アキョウ」と呼ばれ、
中国では古来より「高級品」とされています。

アキョウはロバの皮からしか作れないため、
昔は宮廷美容として楊貴妃などごく限られた人のみが
手に入れ、使うことを許されていました。

現在ではツムラの漢方薬にも
アキョウが有効成分として用いられています。
安全性が高いことから広く一般にも販売されるようになりました。

日本では「和漢メディカ」が中国のメーカーに
特別な製造を依頼し、日本の厳しい品質検査を
クリアしたものだけを輸入しています。

その中でも長年人気が絶えないベストセラー商品「黒ツヤソフト」。

商品名の通り、白髪に特に効果があり、40~60代の女性に大人気だそうです。

日本ではなかなか手に入れることができないアキョウですが、
「和漢メディカ」からの新商品にも注目ですね。

国内で流通するアキョウの中では馬や牛を用いた類似品も多くあるそうです。
アキョウの薬効が認められているのはロバだけなので、購入する際は注意してくださいね。

    
コメント