消臭剤でも消えない、身体のニオイに負けない方法とは

職場などの更衣室に入ると、ひどい汗臭さに「うっ」となってしまった経験、誰にでもありますよね。自分の体臭が気になって、制汗剤や香水を手放せないでいる人も。しかし身体のニオイは根本から絶つ必要があります。臭いをなくすにはどんな方法があるでしょうか。


ぬれタオルで身体を拭こう

汗をかいて乾いたハンカチなどで顔を拭くことがありますが、できればこまめに、濡れたタオルで顔や身体を拭きたいものです。さっぱりして気持ちがいいというだけでなく、臭いの元になる雑菌も一緒にとれるので、効果があるそうです。

お風呂には重曹を入れてゆっくりつかろう

真夏は特に、暑いからといってシャワーだけで済ませてしまう人もいますが、時間が許せば夜はゆっくりお風呂につかるのがベストです。何より、疲労回復につながります。この時、お風呂の中に重曹を入れましょう。お肌がすべすべになりますし、重曹は臭いを消す効果もあるからです。ただし、重曹を入れると、ぬめりが出てきますので、浴槽に出入りするときは足を滑らせないように注意してください。お風呂に入れるのは重曹の他、お米のとぎ汁やお酢でも効果があるようです。

お風呂上がりにシソジュース

お風呂上がりに水分を取るなら、シソジュースはいかがでしょうか。体臭の原因のひとつには代謝が悪くなっていることがあり、シソには防腐の効果があり、以前から消毒にも使われてきました。代謝を高める効果を持っているので有効です。また、ダイエットにも効果が期待できると言われています。シソジュースを作るには赤いシソの葉とお酢、砂糖があれば簡単に作れます。

季節の変わり目は体調にも変化が起きます。体臭が気になるようなら、季節を問わず代謝をよくし、清潔に保つことが大切ですね。

「気になる「臭い」がみるみる消える100のコツ!」の詳細を調べる

    
コメント