スキンケア

スキンケアに役立つ肌ケア情報を紹介しています。

  • あなたにあった美容皮膚科を選ぶコツ

    美容皮膚科の患者さんの中には、期待通りの医療を求めて、ドクターを探してさまよう「皮膚科難民」がいます。自分にぴったりのドクターと巡り会うために、いったい何を基準に考えたらいいのでしょうか。

  • ずっと美人でいたいための、日常スキンケア習慣とは

    今はそれなりに美しさを保てていても、この先歳を取ればそれもむずかしくなるのでは? と考えるのは自然な成り行きかもしれません。でも心がけ次第で、この先ずっと美人でいることは十分できると、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんは強調します。その秘訣をうかがってみましょう。

  • 皮膚科、美容皮膚科、形成外科はどう違う?

    シミやシワ、ニキビなどの肌トラブル。エステに行ったり自分で何とかしようとするより、もっと効率的に早く治すことができる手段があるってご存じでしたか?

  • 誰もが手軽に「かわいい」になれる時代、美は「願望」から「目標」に

    今や世界共通語になりつつある「カワイイ」の母国日本。その根底には日本文化に流れる清潔さに対する強い意識があると、皮膚科のプロ・天野彰人さんは指摘します。そしてカワイイに通じる日本人の美への意識は、時代を経て大きく変化したといいます。

  • 長引く肌の赤み「酒さ」かも!? 知っておきたい「酒さ」の知識

    「酒さ」は一般の方にはなじみの薄い病名かもしれませんね。 もともとは30〜40代以降に多いとされている病気ですが、実際は若年層から高齢者まで幅広い年齢層に多くの患者さんがいます。 大多数の方は症状が軽く、脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎、あるいはニキビと合併している場合が多いので、酒さと認知されにくい傾向があります。

  • 日サロでの焼き過ぎには注意、理想の美肌の条件とは

    秋田美人的な人形のような色白い肌から、南国風の小麦色の美人まで、美肌といっても価値観はそれぞれなのが日本人の肌に対する美的感覚。皮ふの専門医である天野彰人さんは医学的見地を踏まえ、理想の美肌とは何かを解説しています。

  • 脱・般若顔、アラフォー過ぎたら特に注意!

    自分では普通にしているつもりなのに「なんだか不機嫌そう」「声を掛けずらい」と言われたことはありませんか? もしかしたら気がつかないうちに「般若顔」になっているのかもしれません。

  • 美人のプロが指摘する、「かわいい美人」「きれいな美人」の区分け

    一言に美人といっても一括りにする訳にはいきません。海老名皮ふ科クリニック院長の天野彰人さんは、美人は「かわいい」「きれい」「若々しい」の3つの分類があるといいます。それぞれの特徴とはどういったものなのか、ここでは「かわいい」と「きれい」について解説してもらいましょう。

  • ブツブツ…気になる「毛穴」の原因と治療法

    多くの女性が気にしている「毛穴」。せっかくキレイにメイクしても、毛穴が目立っては台無しです。原因と治療法についてまとめました。

  • 「かわいいね」は美人のエネルギー、褒められる人になろう

    短所をしつこく責めるより、長所をより伸ばしてあげることが、才能を引き出すコツとはよく言います。それは美人を目指す上でも同じことのようです。美人のプロである海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんに、褒める効能をうかがってみましょう。

  • 全身の乾燥を一気に潤してくれる 「全成分ACO認定オーガニック」のスキンケア

    冬の風がますます冷たくなり、 肌には厳しい季節です。 お肌がカサカサ。 手足もガサガサ。 髪もバサバサ。 全身の乾燥を一気にケアしてくれるものが あればいいのにと思いますよね。 オールインワン化粧品やクリーム、ゲルなどは、 一般的に化学成分が入っていることが多いので、 かえって肌にダメージを与えてしまうものもあるとか。 けれども、全成分がオーガニックなら安心ですね。 厳しいオーガニック認定をクリアした 全身潤うスキンケアバームが話題になっています。

  • つっぱり肌を1カ月放置…すると意外な結果が!?

    洗顔後の肌のつっぱり、小じわや肌荒れの原因になると慌ててスキンケアをしていませんか? 実は化粧水やクリームなどを、たくさんつけない方が、肌にとってはいいそうです。

  • 美人への道に立ちはだかる誤解と、愚痴の罠

    透明感のある素肌は美人の代名詞というべきもの。でもそれは存在感があってこそ意味を持ってくると、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんいっています。本当に美しい「透明感」とはどういうことか。自分はそうでない透明感になっていないか、確かめてみましょう。

  • シミの種類によって違う治療方法を知ろう

    肌にできてしまったシミ、嫌ですね。どうしたら消えてくれるのでしょうか。一番効果的で確実なのは、皮膚科を受診することです。よくあるシミの種類と治療法を知っておきましょう。

  • 笑顔美人を迎えるための、皮ふのプロの心がけとは

    店番をしている際にやって来るお客さんにしろ、仕事の際の話し相手にしろ、相手が美人となれば俄然やる気になってしまうのは男の正直な気持ちでしょう。もちろんそれは医師である海老名皮ふ科クリニック院長の天野彰人さんも同じ様子。美人の専門家はそんな時、実際どんな気持ちになるのでしょうか。

  • 身体のトラブルを擬人化して対話する心理療法とは

    身体のクレームと向き合う際、病気を擬人化する心理療法を行うことがあります。いったいどういうやり方をするのか見てみましょう。

  • なぜ誰もが優しくなるのか、ワガママ美人が認められるワケとは?

    美人でいることで様々なお得があると強調する海老名皮ふ科クリニック院長の天野彰人さん。ここでは2つの状況を例に、なぜ美人だけが優遇されてしまうのかを掘り下げて語っています。

  • 健康・美肌のためには頭と身体の声をしっかり聞こう

    健康や美肌のためにいつ何を食べるのかはとても大事なこと。でもどうしたらバランスよく身体に必要な栄養をとることができるのでしょうか。

  • 肌のスペシャリストが語る、美人が「得する」7項目

    美人のほうがそうでないよりも何かと有利なのは、誰でもなんとなくわかっています。でも、実際にどう“お得”なのか。より具体的に整理することで美人を追求するイメージがはっきりしてくるのではないでしょうか。海老名皮ふ科クリニック院長の天野彰人さんは、7つのカテゴリーに分けて、美人に付いてくる“特典”を挙げています。

  • 日本人が欧米人に比べて若く見える理由は肌だった

    海外、特に欧米では日本人など東洋人はとても若く見られるというのは有名ですが、そのヒミツは肌にあったのです。

1 / 2 1 2 最後 »