腸内環境を整えれば体内から美肌に

よく「便秘は肌によくない」と言われていますが、これはほんとうなのです。肌の悩みに直結する腸内環境とはどのようなしくみなのでしょうか。簡単な腸の働きと、なぜ腸が美肌と深い関係があるのかを学んでみませんか?


知っておきたい腸内環境のこと

腸の中には、たくさんの細菌が生息しており、その数は1000兆個とも言われています。
腸内の細菌は消化や免疫機能、ビタミンの生成など非常に重大な役割を担っており、人と共生していると言えるほどの重要な存在です。

美肌を遠ざける腸内の悪玉菌

腸内の細菌には、善玉菌と悪玉菌があります。
便秘をすると、排泄されない便を栄養として悪玉菌が増加します。
悪玉菌が増えると、皮膚の炎症を抑え、再生する力を高めてくれるビオチンという、ビタミンBの一種である栄養素が不足し、肌が荒れやすくなると考えられているのです。

腸内環境が全身を左右する?

腸は、全身の免疫細胞が集中しており、実に、その7割は腸にあると言われています。
なぜなら、私たちは、ものを食べるとき、同時に多くの細菌も取り入れているからです。
免疫細胞は、まず腸で「この細菌はいい」「この細菌は悪い」などと学びます。
そしてその判断は、全身の免疫細胞に影響を与えます。
判断が正しく行われれば、体を健康に維持することができるのです。

腸内環境が悪くなると肌荒れや皮膚炎も

でも、何らかの理由でその判断がよくないものになる、つまり、腸内環境が悪くなると、肌荒れやアレルギー性の皮膚炎になるのではないかという研究が、現在進んでいます。
便秘だけに限らず、腸内の環境がよくないと、美肌からはぐんと遠ざかります。

美肌のために便秘を治す工夫を

動物性のタンパク質は、悪玉菌が好むものの一つです。
食べるときは、野菜や海藻など、食物繊維を含む食材を一緒に食べましょう。
食物繊維は、便のもとになり、腸を刺激して便通を促します。
善玉菌を増やすためには、ヨーグルト、納豆、ぬか漬け、チーズなどの発酵食品を食べるのも効果があります。

生活習慣で腸内環境を整える

また、十分な水を摂取しておらず、脱水ぎみの人は、便秘になりやすくなります。
水をしっかり飲むことも大切です。
定期的に便通がない人は、時計回りにお腹をマッサージするのもいいでしょう。
そのほか、適度な運動をして、腹筋や腸に刺激を与えてみるのもよい方法です。

【まとめ】

・腸内の細菌には、善玉菌と悪玉菌があり、便秘は悪玉菌を増やして肌荒れを起こす原因になる。
・便秘だけに限らず、腸内の環境がよくないと、美肌からはぐんと遠ざかってしまう。
・悪玉菌が好む動物性タンパク質を食べるときは、海藻や野菜など、食物繊維も一緒に取る。
・十分な水分補給やマッサージ、運動も便秘に効果的。目に見えない腸内環境、ぜひ気づかってあげてくださいね。

★ 参考図書『やっぱり美人は、かかりつけの美容皮膚科を持っていた』花房火月著
雷鳥社

    
コメント