毛穴の詰まりは取れば悪化する

鼻のまわりに貼り付ける「毛穴パック」を試したことがありますか?実は、「毛穴パック」を繰り返していると、毛穴の詰まりはがんこに居座るようになり、もっと毛穴が目立つようになるのです。毛穴に悩む人は、ぜひお読みください。


毛穴の詰まりは自然につくられ自然に取れる

毛穴の詰まりである「角栓」は、角質と皮脂が混ざったものが毛穴にたまったものです。
女性の多くは、角栓を邪魔者扱いし、根こそぎ取り去ろうとします。
でも、角栓は、外部の雑菌などから毛穴を守るために、体が自然につくり出すものです。
肌が健全に代謝をしていれば、自然に取れて行きます。

取れば取るほど悪循環に陥る

それを無理やりはがすから、肌は自分を防御するために、せっせと新しい角質や皮脂をつくり出します。
そして、取れば取るほど、どんどん新しい角栓が居座るという、悪循環に陥るのです。

過剰な肌洗浄は毛穴の詰まりの原因に

また、たとえ毛穴パックはしていなくても、小鼻の毛穴が気になるあまり、スクラブ入りの洗顔料や、ピーリング石鹸などでごしごしこすって洗う人もいます。
しかし、そうして無理にこすると、角質が乱れて目に見えない炎症を起こす可能性が高くなります。
炎症が慢性化すると、皮脂腺の出口付近の角質が分厚くなります。皮脂の出口が狭くふさがれやすくなり、毛穴を詰まらせる原因になるのです。

毛穴詰まりをカバーするメイクは逆効果

さらに、皮脂をせっせと洗い流すと、バリア機能が弱まりますので、肌荒れの原因にもなってしまいます。
毛穴の黒ずみを気にするあまり、コンシーラーを使ったり、ファンデーションを厚塗りしたりして、隠している人も少なくありません。
しかし、隠そうとするのは、毛穴のためには逆効果です。

酸化したメイクが毛穴に残る

コンシーラーやファンデーションは、塗り重ねるほど、毛穴を詰まらせる原因になります。
そして、毛穴に残ったファンデーションが酸化して、毛穴が黒く見えてしまうこともあるのです。
毛穴を目立たなくするための方法に近道はありません。

毛穴ケアは地道な生活習慣から

「盛らない、焼かない、こすらない」スキンケアを実践する。
甘いものや脂っこいものを食べ過ぎない。
ストレスと上手につきあい、皮脂の過剰な分泌を抑える。
そして、運動をして汗をかく習慣を身につけ、毛穴のとおりをよくする。
こうしたことを地道に続けていくことで、少しずつ毛穴は目立たなくなるのです。

【まとめ】

・毛穴の詰まりである「角栓」は、肌が健全に代謝をしていれば、自然に取れていくもの。
・過剰な肌洗浄や、毛穴カバーの盛り過ぎメイクは毛穴詰まりを引き起こすので逆効果。
・「盛らない、焼かない、こすらない」スキンケアを実践して、ストレス解消や運動習慣で毛穴は目立たなくなる。
・肌の自然な機能を低下させることが、毛穴の詰まりをもたらすのです。あなたの肌ケア習慣、いかがですか?

★ 参考図書『やっぱり美人は、かかりつけの美容皮膚科を持っていた』花房火月著
雷鳥社

    
コメント