必要最低限なスキンケアアイテム

スキンケアアイテムは、つければつけるほど効果があると考える人が少なくありません。でも、実は、スキンケアアイテムを盛りすぎないことも美肌をつくるためにとても大切です。では、最低限必要なスキンケアアイテムとは?


肌に異物をのせているスキンケア

導入液、化粧水、美容液、乳液、アイクリーム、クリームなど、種類が多くなればなるほど、肌にとって異物が顔にのる可能性が高まります。
また、肌の一番外側である角質は、異物が侵入しないように、バリア機能を持っています。そのため、化粧品には、一時的にバリア機能を弱め、成分を浸透させる工夫がされたものが数多くあります。

バリア機能が衰え肌トラブルに

スキンケアアイテムをたくさん使う事でバリア機能が衰えると、汗や外部からの刺激で肌トラブルを起こしやすくなります。また、体の内側から供給される水分が逃げ出しやすくなり、乾燥しがちにもなってしまうのです。
とは言え、私は、スキンケアをすべて否定するわけではありません。
日焼け止めなど、使うことで肌の老化を防ぐものも、もちろんあるからです。

スキンケアは自らが持つうるおう働きを補うもの

ただ、人間の肌には、自分で内側から水分を供給する働きがあります。
スキンケアは、自らが持つ、うるおう働きを補うものを、使えばいいと言えるのです。
私が、美容皮膚科医として、「これだけは、絶対に使ってほしい」アイテムがあります。
それはクリームです。

化粧水重視のスキンケアは刺激が強い

私が、クリームをお勧めする、最も大きな理由は、肌への刺激の少なさです。
肌に対する刺激の強さは、水分の多さで決まります。
化粧品の有効成分は水に溶けないものが多いため、水に溶け込ませるための基材が必要になります。
そのため、水分が多いものほど、アルコールなどの親水性の乳化剤を使う必要があり、こうした成分が刺激のもとになるのです。

クリームを外から補うやさしいスキンケア

また、水分が多いものほど微生物が発生しやすく、どうしても保存料を多く配合しなければなりません。
クリームを勧める、2番めの理由は、肌の内側から湧いてくる水分は、表面で保護して蒸発しにくくする必要があるからです。
 

天然のクリーム・皮脂を補う大切さ

水分が蒸発しないように守っている皮脂は、水溶性の成分と油性の成分が混じったもの、すなわちクリームでできています。
クリームを外から補うというのは理にかなったことなのです。
クリームには油分の成分、比率によりこってりしたものからさっぱりしたものまでありますので、肌の状態にあわせて使いわけると良いでしょう。

【まとめ】

・スキンケアアイテムの種類が多くなればなるほど、肌にとって異物が顔にのる可能性が高まる。
・スキンケアは、自らが持つ、うるおう働きを補うものを使う。
・皮脂は、水溶性の成分と油性の成分が混じったもの、すなわちクリームでできている。クリームを外から補うというのは理にかなったことなのですね。

★ 参考図書『やっぱり美人は、かかりつけの美容皮膚科を持っていた』花房火月著
雷鳥社

    
コメント