肌のためには夜更かしより寝る

美肌習慣のなかで、最も優先してほしいのが、睡眠です。夜更かしや徹夜をした翌日は「肌がざらざらしてくすみ、くまやしみが濃くなった」と実感したことはありませんか。そんな、睡眠と美肌の関わりについてお伝えします。


夜型生活で肌が衰え、トラブルも

患者さんでも、仕事などで夜型の生活を長く続けなければならない人は、肌が衰えやすく、年齢より老けて見える方が少なからずおられます。
また反対に、夜型だった生活を、就職などをきっかけに朝型に切り替えただけで、みるみるうちに、にきびやアトピーなどの、肌トラブルが収まった方はたくさんいます。

睡眠が肌に影響するのは「成長ホルモン」のため

どうして、それほど睡眠が肌に影響を及ぼすのかご説明しましょう。
肌を始めとする、私たちの体のあらゆるパーツは、寝ている間に、活発に修復されます。
このときに重要な役割を果たすのが、成長ホルモンです。
成長ホルモンは、肌や筋肉などの組織を修復、再生するだけでなく、脳の疲労回復、脂肪の燃焼など、体全体にとって大切な働きをしています。

肌再生の理想的睡眠タイムとは?

この成長ホルモンは眠りについた直後の、3時間のうちに分泌が最も盛んになります。
ところが、眠りにつくのが、午前3時以降など、あまりに遅くなると、急激に分泌量が減ってしまいます。
ですから、成長ホルモンの分泌に3時間必要だとすると、12時前にはベッドに入っていたほうがよい計算になります。
よく、「美肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時まで」と言われるのは、このためなのです。

寝不足スキンケアより早く睡眠をとるほうが肌にいい

スキンケアにとても熱心で、毎晩パックを欠かさない。
どんなに遅くなっても、必ず何十分もかけて、お手入れする女性も少なくないでしょう。
でも、夜更かししてスキンケアをするよりは、1分でも早くベッドに入って寝てしまうほうが、よほど肌のためにはいいのです。

【まとめ】

・睡眠が肌に影響するのは、体のあらゆるパーツは睡眠中に活発に修復されるため。
・肌再生の成長ホルモンは、眠りにつくのが午前3時以降など、あまりに遅くなると、急激に分泌量が減ってしまう。
・夜更かしして何十分もスキンケアをするより、一分でも早く睡眠をとるほうが肌にいいのです。あなたはいかがですか?

★ 参考図書『やっぱり美人は、かかりつけの美容皮膚科を持っていた』花房火月著
雷鳥社

    
コメント