男性の皮膚は女性よりも傷めやすい? 肌を劣化させないヒゲの剃り方

男性は女性に比べ、皮膚を傷めやすいことをご存知ですか? 男性はわりと皮膚に対して無頓着なので、「皮膚とのつき合い方」を知っておくことが大切です。特に、毎日のヒゲ剃りは皮膚へのダメージがかなり大きいんです! 肌を劣化させないヒゲの剃り方を紹介します。


カミソリ負けを甘く見るな!

男性の皮膚は女性よりも頑丈ですが、毎日顔に刃物を当てていれば傷まないわけはありません。特にカミソリで剃っている場合、刃が古かったり角度を少し間違ったりするだけでカミソリ負けを起こしてしまいます。

カミソリ負けは立派な肌の炎症です。完治には数日を要するのに、毎日剃らなければならないので治る前にまた剃ることになります。そうしてどんどん皮膚に負担をかけてしまうのです。

電気シェーバーの肌負担も大きい

そこで、電気シェーバーに変えれば問題ないと考える人もいるかもしれません。しかし、電気シェーバーもまったく皮膚に負担を与えないわけではありません。ヒゲの生え具合や肌の質によってはカミソリよりも剃り残しが多くなり、無精ヒゲのようなだらしない印象を与えてしまうことがあります。

また、多くの人は電気シェーバーを使用するとき、ヒゲや肌が乾燥した状態で剃る(ドライシェービング)でしょう。手軽な分、肌に対する負担は大きくなります。

剃る前の準備が大切!

肌に負担がなるべくかからないようにヒゲを剃るには、やはり剃る前に蒸しタオルやシェービングフォームでヒゲを柔らかくして、できるだけ新しいカミソリを使いましょう。肌を湿らせるウェットシェービングを選んだほうがいいでしょう。最近はウェットシェービングが可能な電気シェーバーもありますので、選択肢は増えています。

ヒゲ剃りには古い角質を除去する効果もあるため、すっきりする反面、肌が乾燥しやすい状態にもなります。カミソリと電気シェーバーのどちらを使用するにしても、確実に言えるのは剃った後のケアを怠ってはいけないということです。ヒゲ剃り後は、毛穴を引き締めるために水で顔をよく洗い、保湿効果の高いアフターシェーブローションを忘れず塗りましょう。

アルコールにはご注意を!

しかい、アルコールが使用されたアフターシェーブローションには注意が必要です。使用後にすぐ蒸発して爽快感がありますが、肌を乾燥させてしまうためお勧めできません。また、メントールを多用しているものもカミソリ負けをした皮膚には刺激が強いので、肌が弱い人は避けたほうがいいでしょう。

ヒゲが濃い男性は肌を劣化させないようにヒゲ剃りに注意して下さい!

「顔だけ痩せる技術の記事」の詳細を調べる

    
コメント