シミの種類によって違う治療方法を知ろう

肌にできてしまったシミ、嫌ですね。どうしたら消えてくれるのでしょうか。一番効果的で確実なのは、皮膚科を受診することです。よくあるシミの種類と治療法を知っておきましょう。


シミにはさまざまな種類がある

一般に、顔にある色素沈着はすべて「シミ」と呼ばれていますが、医学的に見るとシミには各種あります。
シミを改善するために最も大切なことは、そのシミの病名を正確に診断することです。この診断を間違うと、その後の治療に狂いが生じ、シミが薄くならないばかりか、かえって悪化してしまうこともあります。

しみに似た「あざ」は取れる

生まれつきある「あざ」は、身体の組織が変形あるいは破壊されてしまっている器質的な病気です。しかし、適切な深さに届くレーザーを適切な回数使えば、生まれつきだからとあきらめていたあざを取ることも可能です。

皮膚科を受診して治療を選ぶ

エステや化粧品をあれこれ試すより、まず皮膚科医に診てもらって、適切な治療方法を確認することをおすすめします。
診断が違うと治療法がまったく異なりますし、さまざまな種類のシミが混在していることが多いので、どのシミの治療から始めるのかという戦略をしっかり立てる必要があります。
また、肝斑はほとんどが進行性なので、「一度取れば、永遠にシミができない」ということはなく、今後いかにまたシミができたり皮膚老化をしないような治療を選ぶことが大切です。

よくあるシミの種類と治療法は次のとおりです。

老人性色素斑

30 代以降に、顔、手、背など日光に当たるところにできます。
形は大小さまざまですが、境界が比較的はっきりしており、表面がざらついているものもあります。
シミをおだやかに薄めたいのなら、ハイドロキノン製剤、レチン製剤で薄められます。短期間に取りきってしまいたいなら、Qスイッチルビーレーザーが最適です。
フォト治療(IPL)も回数は何回かかかりますが、シミを取り去ることができます。
盛り上がりのある老人性のシミは、まずはダーモスコピーで鑑別診断をします。盛り上がりを一度で取るなら、炭酸ガスレーザー、エルビウムレーザーがおすすめです。

雀卵斑(じゃくらんはん)(そばかす)

子どものころから発症することが多く、両ほお、鼻の頭を中心に左右対称にできます。1〜5ミリ大の小さな色素斑が、ほぼ均等に分布しやや明るい褐色です。
治療には、Qスイッチルビーレーザー、フォト治療(IPL)、美白レーザー、メソセラピーという治療法などがおすすめです。

肝斑

30〜40代で発症しやすく、両ほおに左右対称にぼんやり拡大する褐色斑が、面状や点状に見られます。まぶた、髪の生えぎわ、眉毛部、鼻には通常存在しません。
女性ホルモンによる影響や、肌のこすりすぎ、肌に合わない化粧品が原因といわれており、日焼けや妊娠によっても悪化します。これは身体の組織が変形や破壊されているわけではなく、一時的に不調をきたしている機能的な症状なので治療が必要です。
治療には、内服や外用薬を中心に、フォト治療(IPL)、美白レーザー、メソセラピーなどがおすすめです。

炎症後色素沈着

けが、やけど、ニキビあと、アトピー性皮膚炎などのあとにできます。
少し赤みを帯びた褐色斑で、摩擦などの刺激が加わるところに多く見られます。治療には、イオン導入、ハイドロキノン製剤、メソセラピーなどがおすすめです。

ADM

20〜30代に多く、両ほおを中心に左右対称に発症します。やや青み、灰色みがかっており、鼻の横にも同様の色素斑が見られることがあります。
治療には、Qスイッチルビーレーザーを何度か照射することで改善します。

顔全体のくすみ

シミというより顔全体がなんとなく暗くくすんで見える人もいます。
顔全体のくすみを明るくするには、イオン導入、ケミカルピーリング、フォト治療(IPL)、美白レーザー、メソセラピーがおすすめです

まとめ

一般に「シミ」といわれるものにも、あざ、老人性色素斑、雀卵斑、肝斑、炎症後色素沈着、ADM、顔全体のくすみなど、さまざまな種類があり、それぞれ原因が違います。できてしまったシミ対策は、皮膚科を受診して、適切な治療法を選ぶようにしてはいかがでしょうか。

参考書籍『日本人の肌はなぜ世界一美しいのか?』主婦の友社 (2016/7/15)  著者:渡辺奈津

    
コメント