肌のスペシャリストが語る、美人が「得する」7項目

美人のほうがそうでないよりも何かと有利なのは、誰でもなんとなくわかっています。でも、実際にどう“お得”なのか。より具体的に整理することで美人を追求するイメージがはっきりしてくるのではないでしょうか。海老名皮ふ科クリニック院長の天野彰人さんは、7つのカテゴリーに分けて、美人に付いてくる“特典”を挙げています。


美しい女性が「得する」7つのこと

男性は容姿の優れた女性に惹かれる、と書きましたが、それ以外にも、美しい女性の人生には、いろいろな「お得」が付いて回ります。

たとえば、恋愛、結婚、お金、ストレス、イメージ、物、待遇など、すべてにおいて「お得」なのです。

以下の7つのカテゴリーは女性の意見を取り入れて、得する女性、損する女性を分類したものです。

1.お付き合い
きれいな女性はたとえば、学校や職場などのコミュニティや紹介、合コンなどでも、モテます。たくさんの男性からアプローチされ、デートのお誘いも多いかもしれません。
当然、理想の人とお付き合いをするチャンスが広がります。

2.結婚
きれいでモテる女性は多くの結婚候補の男性が自分の周りにいますので、たくさんの選択肢の中から、より自分の条件に合った男性を選ぶことができます。

3.年収
見た目がきれいな人は、外見が重視される職種の秘書、受付、キャビンアテンダントのような職業に就ける可能性が高いです。これらの職種は一般の事務職や肉体労働よりも給料が高い場合が多いようです。また、同じ職場でも美人で明るい人のほうがかわいがられ、配属や昇進に有利に働くかもしれません。

4.ストレス
多くの人が、美人には最大限の気配りやマナーで応対する傾向があるのではないでしょうか。その結果、美人であるというだけで、そうでない人より、イライラする機会はずっと少なくなるのです。イライラはストレスを生み、ストレスは人を根暗にしたり内向的にします。周囲からの対応によって、その差はますます広がります。

5.フレンドリー性
美しい人の周りには男女を問わず、常に友達がいるものです。美しく、明るい笑顔は周囲の人をにこやかにさせ、「この人と一緒にいたい」と思わせるからです。逆に、ブスッとした顔をしている人の側には近寄りがたいものです。多少のやっかみを含めても、一般的に美人には同性・異性を問わず友達が多いという特徴があります。

6.プレゼント
きれいな人はより多くの贈り物をもらえると思います。また美人に欲しいものをおねだりされると、男性はなんとか贈ろうと努力したくなります。

7.待遇
海外のレストランではお客さんの身なりで通す席を変えるのが常識になっていますが、 日本でも、お得意さま以外では、お客さんの容姿によってサービスが違う場合もあります。

これら7つの「お得」は、美しい人の人生をますます輝かせる起爆剤になっています。 相手の対応によって暮らしや幸福度も大きく違ってくることでしょう。

まとめ

いかがですか? 天野さんがここで示した7つのポイントに、美人を目指すヒントが隠れているような気がします。美人にはこんなにもお得なことがあるのですから。年収や待遇までがお得だなんて驚きですが、よく考えてみると頷ける点がたくさんありますね。

参考書籍『美人の正体は素肌力だった』主婦の友社(2016/9/23)著者:天野彰人

    
コメント