疲労の正体を1行でまとめると?

疲労の正体知っていますか? わかりやすく1行でまとめてみました(詳細な解説ももちろんついていますよ)!


疲労の正体を1行でまとめると?

ストレス⇒活性酸素の増加⇒パフォーマンスの低下

詳細解説

1行だけでは納得出来ないあなたのために、少しだけ詳しく解説します。疲労の原因はストレスです。ではストレスが発生すると、体内ではどのような変化が生じるのでしょうか? それはズバリ「酸素消費量の増加」です。

そしてどこに負荷が一番かかるのか? それはズバリ「脳」です。人間の体の中で一番酸素を消費するのは脳なのです。

酸素の消費が増えると同時に増えるのが「活性酸素」です。活性酸素の増加により体内の神経細胞が傷付き、パフォーマンスの低下という現象が現れます。

人間や動物が筋肉を使ったり、脳を使ったりすると、そのエネルギーを作り出すために大量の酸素が消費され、その過程で「活性酸素」が同時に発生してしまいます。活性酸素はもともと強力な抗酸化作用を持っていて、体に侵入した外的をいち早く撃退するガードマンの役割を担っているのです。

その一方で、自らの細胞に対しても見境なく強力な抗酸化作用で攻撃を加えてしまいます。通常であれば私たちの体内には活性酸素を弱めたり無毒にしたりする仕組みが備わっているのですが、あまりにも激しい運動をしたり、徹夜をしたり、精神的なストレスがたまると、体の抗酸化システムによる処理が追いつかなくなってしまい、その結果、細胞がどんどん傷ついていってしまうのです!

もっと詳しい説明を知りたい人は、以下のリンク先で確認できます。

「活性酸素が疲れの原因だった。疲労物質FFとFRとは?」」の詳細を調べる

    
コメント