タバコを吸うと疲れやすくなるって本当? タバコによる疲労スパイラル

「あなたはタバコを吸っていますか?」

実はタバコを吸うと疲れやすくなるという事実があります。まさにタバコによる疲労スパイラルです。タバコを吸うと疲れやすくなる理由を紹介します。


喫煙すると疲れる

タバコの煙に含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くします。タバコには、ニコチンの他、タールや発がん性物質など体によくない物質が含まれているからです。

タバコを吸うと疲れる理由

では、なぜタバコを吸うと疲れるのでしょうか? それは、喫煙中の体内では疲労を生み出す活性酸素が大発生しているからです。しかも、ビタミンCも破壊されてしまうので免疫力も落ちてしまいます。

吸えば吸うほど疲労スパイラル

喫煙は活性酸素を増やすと同時に、体の免疫力も低下させてしまうので、疲れやすくなります。多忙でイライラする時ほど増えるタバコの本数は疲労スパイラルにはまっている証拠なのです。

このように、タバコは吸えば吸う程、疲れやすくなってしまうのです。慢性的な疲労でお悩みの方は、試しに禁煙してみてはいかがでしょうか?

「疲労回復方法」の詳細を調べる

    
コメント