残業しても「疲れ」がたまる人、たまらない人

残業をしても「疲れ」がたまる人、たまらない人がいます。なぜ、このような差が生まれるのでしょうか?


手抜きの誘惑に負けない

残業で疲れているとき、ふと頭を横切るのが「手抜きの誘惑」ではないでしょうか。ここで少し手を抜けば、その分だけ早く仕上がるし、ラクができる。ラクができれば、体力、知力を回復できるから、その後の仕事に万全でのぞめる。結果的に少し手抜きをしたほうがうまくいくのではないかと頭の中に浮かんできます。

けれども、そうはうまくいきません。手抜きをすると、逆に疲れを強く感じてしまい、あとの仕事にも悪影響を及ぼしやすいのです。手抜きが人を疲れやすくするのは、そこに満足感が欠落しているからです。

残業をして、徹夜をしてなんとか間に合わせたなら達成感を感じるでしょう。しかし、残業するのがイヤだったり、疲れていてラクをしたいという気持ちから手抜きを行なえば、たとえ時間に間に合ったとしても満足感は生まれません。むしろ、「手抜き仕事をしてしまった」という後悔の気持ちさえ生まれてしまうでしょう。

脳が不快な気持ちにさらされ続けるため、ドーパミンが分泌されることもありません。そのため、いつもより疲れを感じてしまうことになるのです。

残業の時ほど手抜きをするな!

残業をしている時、どれほど疲れていても、手抜きの誘惑に乗ってはいけません。こんなときは、いままでの仕事を振り返って、肯定的に自分を評価してみましょう。「なんだかんだ言いながら、頑張っている」と考えることができれば、脳は満足感を覚えます。

すると、残業の忙しさもべつの見方ができるようになるはずです。 「いままでもできたのだから、これくらいの残業は対応可能」という気持ちにもなれます。このように気持ちを切り替えることができれば、それほど疲れを感じることはありません。

忙しさを乗り越えて残業をやり遂げれば、そこには大きな達成感があり、満足感があります。それを実感することができれば、疲れをためこまない体質になっていきます。

次の記事

「その疲れ「病的な疲れ」かも?」

前の記事

「「疲れ」をためる人、ためない人の差」

参考本

「「全身の疲れ」がスッキリ取れる本(志賀一雅)」

    
コメント