目や体のなどの疲れの原因!? 体でもっとも疲れている「自律神経」

目、肩など自律神経はさまざまな部位の疲労の原因となります。それは自律神経が、疲れをコントロールする司令塔の役割をする器官だからです。そして、体で最も疲れているのが、この「自律神経」なのです。


自律神経が疲労の原因?

自律神経とは、呼吸や消化吸収、血液循環、生殖など、生きるための基盤となる機能を調整する神経系で、その中枢は間脳と呼ばれる脳幹の一部にあります。

自律神経が働いてくれているおかげで、人は無意識でも、呼吸したり、血液を体に回したりして生きていけるわけです。全身のあらゆる部位からの「疲れた」という情報は、一度脳に送られ整理されます。そしてその情報をもとに、自律神経中枢が体の各部位に指令を出します。

入ってくる情報をフィードバックする役割ですから、脳の疲れにも体の疲れにも、同じように働き、全身の疲れをコントロールすることになります。

自律神経は24時間体制

自律神経は、すべての疲れに24時間体制で対応しなければならない役割を担っているのです。これを言い換えるなら、自律神経の中枢はつねにストレスにさらされており、体の中でもっとも疲れている器官にほかなりません。
 
自律神経が実際の生活の中でどのように働き、ストレスを受けているかの例を挙げます。ある程度の時間、運動をしていると、体温が上昇し、だんだん暑くなってきます。それに対し、「汗をかいて体温を調整しなければ」という指令を出すのが自律神経です。その他にも、心拍を上げたり呼吸を早めたりして、運動による負荷が体にかかるのを極力抑えるように働きます。

無理をして運動すると、息が上がってもう運動が続けられない、体が動かない、というところまでくるのは、すなわち自律神経の反応が限界にきている証拠でもあります。それ以上無理をすると、自律神経の生命維持機能にも悪影響が出てきます。

また、徹夜続きなどで極度に脳が疲れた状態でも、ふらついたり、ろれつがまわらなかったり、耳鳴りがしたりという、自律神経失調症に見られるあらゆる症状が表れるようになります。

すべての疲れが自律神経に集約しているとはいいません。しかし、どこかが疲れている場合、自律神経にもまた負荷がかかっているということを、知っておいてください。

次の記事

「慢性疲労症候群の症状を診断チェックしよう!」

前の記事

「目の疲労感は「脳」の疲れが引き起こす! 目が疲れる本当の理由」

情報取材先

「日本予防医薬」

    
コメント