自律神経がお疲れ? 激しい温度差が夏バテ、冬バテの原因だった! 

肌寒い季節となってきましたが、まだすべての服を長袖に変えるのに悩む季節です。ところで、このような激しい温度差は疲れをためてしまいます。「夏バテ」と「冬バテ」の仕組みについて説明します。


自律神経の役割

肉体的な仕事でも精神的な仕事でも、自律神経は絶えず働いています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経がバランスを保ちながら、体の機能を維持しています。自律神経は24時間休まずに働き続け、生体にとって、もっとも安定した状態を保とうと頑張っているのです。

激しい温度差が夏バテ、冬バテの原因

暑い夏は、外の気温と室内の気温との間に激しい温度差があります。外では発汗作用を促し必死になって体温を下げるように働いていたのが、部屋に入った途端、冷房によって体が冷えすぎないように体温を上げなければならないのですから、自律神経はもうオーバーワーク状態になってしまいます。この自律神経の疲れが「夏バテ」を引き起こす原因になるのです!

室内と外気温の温度差を少なくするためにエアコンなどの温度を高めに調節し、自律神経にも家計にも優しい生活を心がけてみてください。冬の寒さでも同じことが言えるので、寒くなってきた時は逆のことを意識して「冬バテ」を防ぎましょう。

温度差を意識して疲れを調節しましょう!

参考記事

「暑い夏と寒い冬では、どちらが疲れやすい?」

情報取材先

「日本予防医薬」

    
コメント