冷え性は疲れの原因!冷え症を改善する方法

寒い季節になりました。冷え性に苦しんでいる人も多いですよね。冷え性の人は、毎日疲れを感じていませんか? 実は冷え性は疲れやすいんです。今回は冷え症で疲れる理由と、冷えを改善する方法を紹介します。

冷え性で疲れる理由

冷え性になると血行が悪くなります。しかし、血行が良くなると疲労因子FFの原因となる老廃物が排出されやすくなるため、疲労が回復します。 逆に、冷え性などで血行が悪くなると老廃物が蓄積するため疲れやすくなります。これが冷え症の人は疲れやすいと言われる要因です。冷え症は特に女性に多い症状ですが、ストレスや運動不足によって男性でも冷え症になる場合があります。

冷え性を改善する方法

冷え性を治すには、少しぬるめのお湯(38〜40℃)に入り体を温めたり疲労回復効果のある市販入浴剤を入れたり、生姜など体を温める食材を積極的に摂るのが効果的です。

おすすめレシピ

特に、おろし生姜小さじ1に、はちみつ大さじ1を加え、熱湯を注ぐ「はちみつ生姜湯」は簡単に作れておすすめです。 それ以外にも、「キノコと鶏胸肉のリゾット」「鶏むね肉とかぶの治部煮」も寒い冬におすすめのレシピです。 冷え性になると、疲れやすくなります。冷え症を改善する方法を実践して、疲れにくいからだを作りましょう。 次の記事「動物は過労死しない!? 人間だけが過労死する原因」 前の記事「慢性疲労症候群の症状を診断チェックしよう!」 情報取材先「日本予防医薬」