過度な運動は疲れやすくなる原因? 疲れているときはハードなスポーツは避けよう!

疲れている時に、あえて運動やスポーツをすることで疲労回復をしようとしている人も多いですよね。確かに、軽い運動は疲労回復に効果的なことがわかっています。でも、過度な運動は疲れに対して効果的なのでしょうか?


激しい運動は疲れをためる

適度な運動は疲労回復に効果的であることは科学的にも証明されていますが、激しい運動は逆に疲労を蓄積させてしまうことにもなりかねません。

「毎日走っているから」
「週1回は必ずジムに通っているから」

と義務感で運動するような几帳面な人は特に注意が必要です。

運動は自律神経を酷使する

運動は心拍や呼吸、血圧などをコントロールする自律神経を酷使します。体が疲れているのに、頭で無理やりそれを押し殺し無理をすると危険です。体の声に耳を傾け、疲れている時には体を休ませるようにしましょう。

このように、ハードすぎる運動はかえって疲れをためやすくなります。疲れているときは、疲れを軽くする運動の目安を知ることが大切です。

次の記事

「身体の疲れを取る運動の目安とは?」

    
コメント