食べるだけで夏の疲れがすっきり! 最強の疲労回復成分イミダペプチドが多く含まれている食材ランキング

疲労回復に役立つ最強の疲労回復成分があることをご存知ですか? その成分の名前は「イミダペプチド」です。鶏むね肉をはじめとした肉類や、カツオやマグロに多く含まれるイミダペプチド成分は、抗酸化作用が高く、高い抗疲労効果を持っています。今回はイミダペプチド成分含有率ランキングをまとめました。

イミダペプチド含有率ランキング(mg/100g)

第1位:鶏むね肉(1,223mg) 第2位:豚ロース(928mg) 第3位:豚もも肉 (833mg) 第4位:カツオ(811mg) 第5位:豚もも肉(467mg) 疲労回復のために1日にとりたいイミダペプチド成分の量は200mgです。肉や魚に含まれるイミダぺプチドを摂取したとしても全てが吸収されるわけではありませんので、例えば鶏むね肉であれば100gの摂取が必要です。疲労回復効果を実感したいなら、2週間イミダペプチドが含まれる食材をとり続けて下さい(イミダペプチドが摂取できる疲労回復レシピ集も参考にどうぞ)。 イミダペプチド成分は熱に強く、水に溶ける性質があるので、スープなどの汁物にして食べるのもおすすめです! 疲れがちな人は、イミダペプチドが多く含まれる食品を食べてみてはいかがでしょうか? 前の記事「疲労回復効果を促進する栄養成分【イミダペプチドと合わせて摂りたい】」 参考記事「イミダペプチドが豊富に含まれる鶏胸肉は疲れを取る最強の食べ物!?」