疲労大国「日本」の疲れ事情【5人中3人は疲れている?】

日本の人口は約1億3千万人います。そして、約8千万人が疲れを感じていると言われています。つまり、日本人の5人中3人が、生理的な疲れに悩まされている計算になります。日本はまさに「疲労大国」なのです。しかも、近年疲れの質が変わってきています。日本人の疲れ事情を紹介します。


国のデータでもわかる疲れ事情

 
1999年の旧厚生省の調査でも、疲れを感じている人のうち約36%が、半年以上続く慢性的な疲れを自覚しています。

このような「長期疲労」になると、日常生活に悪影響が出てきます。誰でも経験している通り、疲れると動きたくなくなり、行動も消極的になるものです。長期疲労の状態だと、一晩寝ても疲れが抜けないため、朝からいろいろなことが面倒に思え、無気力になってしまいます。

働き盛りの世代がこのような状況に陥った場合、会社を休みがちになるなどのネガティブな行動につながり、それによる経済的損失は年間で4千億円とも推測されています。

一方で、「自分は体力に自信があり、あまり疲れない」「昔から病気をしないことが取り柄で、疲れなど病気ですらないから大丈夫」と考えている人もいるでしょう。しかしこのような人ほど、実は疲れている可能性が高いのです。

疲れたと感じる疲労感と、本当の疲れは別のものです。たとえ脳が疲労感を覚えていなくても、体は疲れているというようなことは頻繁に起こっています。この「疲労感なき疲労」に陥りやすいタイプに、

「若い頃は体力に自信があった」
「楽しく意欲を持って働いていれば疲れたりしない」

というような自信のある人が挙げられ、過労死のリスクも高まります。たかが疲れ、と侮らずに、自分が本当に疲れているのかどうかを冷静に判断しなければいけません。

次の記事

「活性酸素が疲れの原因だった。疲労物質FFとFRとは?」

情報提供元

「日本予防医薬株式会社」

    
コメント