「90分ごとに5分の休憩」と「30分ごとに1分の休憩」ではどちらが効果的?

「90分ごとに5分の休憩」と「30分ごとに1分の休憩」ではどちらが効果的だと思いますか? 意外と知らない休憩のテクニックを紹介します。


こまめな休憩が効果的?

「90分ごとに5分の休憩」と「30分ごとに1分の休憩」では、「30分ごとに1分の休憩」をとった方が効果的だということが実験でわかっています。また、休憩の際に試してもらいたい姿勢があります。それは「伸び」です。

伸びでリフレッシュ

同じ姿勢で同じ作業を続けていると、「体」にも「脳」にも疲れがたまってしまいます。「体の疲れ」は同じ姿勢を続ける事により、血行が悪くなることが原因です。

「脳の疲れ」は自律神経中枢が活性酸素によって酸化されることによっておこります。そんな体と脳の疲れ解消におすすめなのが、「伸び」です。立ち上がって両手を挙げて全身を伸ばし…脱力。これを数回繰り返してみましょう。

こまめに休憩をとって、伸びをして血流を促し、気分転換をすることによって、効率よく元気に働けるようになります。上手に休憩が取れない人ほど試して欲しい方法です。

次の記事

「自律神経に優しい環境「ゆらぎ」をつくると疲れにくい! 疲労をためない自然のリズム」

前の記事

「マイナスイオンブームの弊害! マイナスイオンでは疲れはとれないけど森林浴では疲れがとれるって本当?」

参考リンク

「疲労回復方法」

    
コメント