おしゃべりすると疲労回復? 好きなもので気分転換して疲れをとる方法

疲れた時のリフレッシュ法として、効果的なのが仲の良い友達とのおしゃべりです。なぜおしゃべりをすると疲労回復効果があるのでしょうか? 好きなものや好きなことで気分転換をしているから疲れが軽くなるんです!


会話をするとリラックスできる理由

忙しい状態が続くと自律神経が疲れ、交感神経が優位になります。その時に、一時的に副交感神経優位の状態を作って、リラックスするのが、気分転換の役目であり、それが疲労の軽減につながります。

仲の良い仲間とおしゃべりし、これが癒しになることで副交感神経が優位になり、疲労が軽減されるのです。楽しい会話はストレスだけでなく、疲労も回復してくれます。

好きなもので気分転換をしよう!

体も脳もずっと同じところを使うと疲れてしまいます。何か別の事をして気分転換することは、疲労の軽減に役立ちます。特に好きな事をして気分転換すると、副交感神経が優位になって一層効果的です!

友達とのおしゃべり、好きな本を読んだり、お気に入りの音楽を聞く、ペットと遊ぶなど、一番自分がリラックスできる方法を選んで、上手に疲労を解消しましょう!

次の記事

「疲れが老化を促進する!? 疲労を溜め込まない生活6つのポイント」

前の記事

「疲労回復効果が証明された「緑の香り」とは? ハーブガーデニングで疲れを減らそう!」

情報取材先

「日本予防医薬」

    
コメント