飽きたら頑張りすぎないで! 意外と知らない脳疲労

単純作業を5時間ぶっ通しでやると正直飽きてきます。
ゲームを10時間もするとさすがに飽きてきます。
車が好きでも長時間高速を運転すると飽きてきます。

このように同じ作業に集中すると、脳の同じ部分が極度に疲れてしまいます。「飽きる」とは使い続けた脳の神経細胞を休ませようとしている脳からのサインなのです。


動物は飽きたらやめちゃう

動物は飽きたらそれ以上頑張ることをせずに、獲物を追うのを途中でやめます。しかし、わたしたち人間は「達成感」や「楽しさ」で疲労感をマスクしてしまう特殊な生き物です。人間だけが過労死するのはそのためと言われています。

「飽きる」は疲労の初期サインだった

飽きるは動物として本能的な疲労の初期のサインです。初期のサインを見逃さず、本能を素直に受けいれる姿勢が抗疲労につながるのです。

何事もほどほどが大切です。脳が疲れきっていて、飽きたら頑張りすぎないようにします。休憩したり、別の作業をして疲れた脳を休ませることが脳を疲れさせないコツです!

「飽きたは脳の疲れのサインだった!? 脳の疲れをためない方法」の詳細を調べる

    
コメント