鶏胸肉は何g食べると疲労回復に一番効果的? 100、500、1,000g?

鶏胸肉に多く含まれる

イミダペプチド

成分は、疲労の原因物質である「活性酸素」の発生を予防してくれます。活性酸素の発生を予防できれば精神的ストレスや肉体的ストレスを解消してくれます。では、この鶏胸肉はどれくらい食べると効果的でしょうか?


質問

鶏胸肉は何g食べれば疲労回復に効果的でしょうか?

1. 100g
2. 500g
3. 1kg以上

答え

答えは、1. です。疲労回復の臨床実験結果から、1日あたりたったの100g食べればいいというデータが出ています。ただし、最低でも続けて2週間食べることが必要となります。2週間というと、ちょっと続けるのは大変かと思いますが、最近では鶏の胸肉に含まれたイミダペプチド成分を含んだドリンクやサプリメントもあるので、上手に組み合わせれば、簡単にイミダペプチドを摂取し続けることも可能です。

鶏胸肉を毎日食べても飽きないような、おいしい鶏胸肉レシピリンクもぜひ参考にしてくださいね!

次の記事

「鶏胸肉を毎日食べたくなる3つの理由【疲れ解消におすすめ】」

前の記事

「疲労回復に効果的な食材「鶏胸肉」をおいしく柔らかく調理する3つのポイント」

参考リンク

「鶏胸肉のレシピカテゴリ記事」

    
コメント