鶏胸肉を美味しく食べる漬け込み調理実験! 一番柔らかく感じるのはヨーグルト?

鶏胸肉は安くてヘルシーなだけでなく、疲労回復成分「

イミダペプチド

」が多く含まれている優良食品です! しかし、調理するとパサパサになるため、敬遠している人もいるのでは?

そこで、「鶏胸肉をパイナップルに漬け込むと柔らかくなる!」という噂を聞いたので、本当に効果があるのか実験しました! せっかくなので他の組み合わせも検証してみました!


鶏胸肉が柔らかくなるのか実験してみた!

今回、試してみたのは、

  • パイナップル(みじん切り)
  • 塩こうじ
  • ヨーグルト
  • おろし玉ねぎ

です。80gにカットした鶏むね肉をビニール袋に入れ、それぞれの材料を大さじ1ずつ入れて、
手でよく揉みこみ、冷蔵庫で5時間寝かせた上で、フライパンで焼いて、食感と味を比較しました。

一番柔らかく感じるのはヨーグルト!

一番柔らかく感じたのはヨーグルトでした! タンドリーチキンにヨーグルトを使う意味が分かった気がします。一番肉の旨味を感じたのは「塩こうじ」です。味付けいらずで、そのままいろんなおかずにも使えそうです!

期待していたパイナップルは、あまり効果を実感できませんでした。パイナップル汁でないと効果が薄いのでしょうか? また、おろし玉ねぎもパイナップル同様、そこまで柔らかくなることを確認できませんでした。

価格、ヘルシーさ、疲労回復成分でも申し分ない鶏胸肉! パサパサな食感が苦手な人は、ヨーグルトに漬け込んで食べてみてくださいね!

*実験結果は、ビーカイブ編集人と疲労回復成分を研究している日本予防医薬で行った料理実験結果です! 一部個人差があるので参考までに!

次の記事

「鶏の胸肉最強説! 国の研究からわかった最強の疲労回復食材「鶏胸肉」」

前の記事

「鶏胸肉を毎日食べたくなる3つの理由【疲れ解消におすすめ】」

情報提供元

「イミダペプチド情報サイト」

    
コメント