鶏の胸肉は最強の疲労回復食材【国の研究も証明】

疲労回復に効果がありそうな食材の中で、臨床実験を行った結果No.1に輝いた食べ物が何かご存知ですか? スーパーに行けば手に入る身近な食材「鶏胸肉」が疲労回復効果として最強だったんです。


疲労回復に効きそうな食材

強烈な酸味で疲れを吹き飛ばしそうな「黒酢」
スタミナ料理の王道「にんにく」
江戸っ子の精力源のイメージを持つ「うなぎ」
疲れた時に定番の「牛焼肉」

このあたりの食べ物はいかにも疲労回復に効きそうですね。でも、一番疲労回復に効くのはなんと「鶏胸肉」なんです。

鶏胸肉の疲労回復効果が最強な理由

黒酢、にんにく、うなぎを超える最強の疲労回復する食材が「鳥の胸肉」です。考えれば考えるほど意外な結果です。実は、鳥の胸肉には「イミダペプチド」と呼ばれる成分が多く含まれています。専門用語で言うと「カルノシン」と「アンセリン」という2つのアミノ酸結合体を指します。このイミダペプチド成分が疲労を回復する上で大きな効果を発揮するのです。

イミダペプチドが疲労の原因を予防

イミダペプチド成分は、疲労の原因となる活性酸素の発生を予防する働きがあります。そのため、イミダペプチドが多く含まれる鶏胸肉を食べると疲労を予防してくれるのです。

イミダペプチドの効果

は疲労回復に最適なのです。

カロリーも少ない

しかも、鶏胸肉はカロリーも少ないんです。鶏胸肉は100gあたりの脂肪分が11.6gしかなく、カロリーは191kcalです。ローカロリー&低脂肪のためダイエットにも効果的な食材です(しかも安い)。

栄養も豊富

疲労回復効果のあるイミダペプチドが豊富に含まれているだけでなく、必須アミノ酸のメチオニンやビタミンAやB(特にナイアシン)など様々なビタミンが含まれています。しかも、高タンパク質で、低脂肪なので低カロリーです。

鶏胸肉には、疲労回復の食品成分の中でも最も高いパフォーマンスを誇っているのが「イミダペプチド」成分が多く含まれています。疲れている人は鶏胸肉を食べてみてはいかがでしょうか?

次の記事

「疲れた体を癒やす「チキン(鶏胸肉)のトマト煮込み」レシピ!」

前の記事

「鶏胸肉を美味しく食べる漬け込み調理実験! 一番柔らかく感じるのはヨーグルト?」

情報提供元

「イミダペプチド情報サイト」

    
コメント