疲労回復に効果的な食材「鶏胸肉」をおいしく柔らかく調理する3つのポイント【鶏胸肉レシピにおすすめ】

鶏胸肉を食べると疲労回復に効果的なことを知っていますか? 疲労の原因は活性酸素で、活性酸素の発生を抑えてくれるのが、鶏胸肉に多く含まれる

イミダペプチド

と呼ばれる成分です。でも、鶏胸肉を食べたいけど、あの特有のパサパサな食感が苦手な人も多いはず。今回は、疲労回復に効果的な食材「鶏胸肉」をおいしく柔らかく調理する3つのポイントを紹介します。


鶏胸肉を食べる4つのメリット

まずは、鶏胸肉を食べる4つのメリットを紹介します。

  1. 安くて家計が助かる!
  2. 低カロリーで太りにくくダイエットにおすすめ!(100gあたりの鶏胸肉皮付きは191kcal、牛肉肩ロースは411kcal)
  3. 皮膚や粘膜をまもるビタミンA、Kが豊富!
  4. 疲れを取ってくれる成分イミダペプチドが豊富!

鶏胸肉パサパサ食感対策

このように、メリットだらけの鶏胸肉ですが、鶏胸肉は調理すると「パサパサ」の食感になってしまいます。このパサパサ食感のせいか、鶏胸肉が苦手という人もいるはずです。鶏胸肉は、鶏もも肉に比べて、筋肉の層が薄く水分が逃げやすくなっているため、「パサパサ」の食感になりやすいのです。では、どうすれば、パサパサの食感対策をすることができるのでしょうか?

パサパサ食感をなくす最大の対策は、水分を閉じ込めることです。そこで、鶏胸肉をおいしく柔らかく食べるために、様々な料理実験を行いました。その結果、次の3つの方法で調理すると鶏胸肉に水分を閉じ込め、美味しく柔らかく食べることができることを発見しました!

  1. 火を通しすぎない。
  2. 水分を肉に吸わせる。
  3. 肉に粉をふり、うまみと水分を閉じ込める。

この調理テクニックを使うとジューシーに鶏胸肉を楽しむことができます。しかも、この調理テクニックをかけ合わせるとおいしさはさらに倍増します! 塩麹を使わなくても、おいしくジューシーに柔らかく調理できるんです。

鶏胸肉の食感が苦手という人は、ぜひ試してみて下さいね! おいしく、柔らかく、ヘルシーなだけでなく鶏胸肉に多く含まれるイミダペプチドによって疲労回復にも効果的です!

次の記事

「鶏胸肉は何g食べると疲労回復に一番効果的? 100、500、1,000g?」

前の記事

「カルシウムが不足してもイライラしない? 牛乳は疲れを癒やさない!」

参考リンク

「疲労回復レシピ」

参考情報

「疲労回復情報がわかるFacebookページ」

    
コメント