鶏むね肉のチキンシュニッツェルレシピ【イミダペプチド満載】

疲労回復に効果的なイミダペプチド成分は鶏むね肉に多く含まれています。そこで、今回紹介したいレシピは、鶏胸肉で作るオーストリア風カツレツ「チキンシュニッツェル」です。

パルメザンチーズとバターのコクが加わることで風味豊かな味が楽しめます。それでは、鶏むね肉のチキンシュニッツェルの作り方を紹介します。


チキンシュニッツェルの材料(2人分)

  • 鶏胸肉:1枚
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • 水:大さじ1
  • 小麦粉:適量
  • 卵:1個
  • パルメザンチーズ:大さじ1
  • パン粉(乾燥パン粉の細目がおすすめ):適量
  • バター:20g
  • オリーブオイル:1/2カップ
  • レモン:適量

作り方

  1. 鶏むね肉は観音開きにして2等分した後、肉叩きで薄くのばし、砂糖と塩と水をもみ込み、10分程おきます。
  2. 卵を溶きほぐし、パルメザンチーズを混ぜます。
  3. 鶏胸肉の水分をキッチンペーパーでふき取り、小麦粉、パルメザンチーズを混ぜた卵、パン粉の順につけます。
  4. フライパンにバターとオリーブオイルを熱し、鶏胸肉を入れ、弱火で焼きます。焼き色がついたら裏返し、焼き油をかけながら両面とも、色よく焼き上げます。
  5. 皿に鶏胸肉をのせ、パルメザンチーズ(分量外)を振り、付け合せをお好みで盛り付けて完成です!

チーズ好きな人にはたまらない一品です!鶏胸肉はヘルシーで、疲れを軽くするイミダペプチドも豊富に含まれているので、「疲れたね」と家族の方がつぶやいていたときにお試し下さい!

前の記事

「疲れを取る鶏胸肉とワカメの中華サラダレシピ!」

情報取材先

「日本予防医薬」

    
コメント