宮崎名物チキン南蛮レシピ! 鶏胸肉で疲労回復効果も!

鶏むね肉に豊富に含まれている疲労回復成分「

イミダペプチド

」は疲れている時にとても便利です。でも鶏むね肉はパサついて美味しくないからあんまり好きじゃない人も多いはず。そんなあなたのために、やわらかくてジューシーな「チキン南蛮」のレシピを紹介します。


チキン南蛮とは?

そもそも、チキン南蛮とは、カラッと揚げた鶏肉を甘酢に漬け、タルタルソースをかけて食べる料理です。宮崎県延岡市内にあった洋食店の厨房で出されていたまかない料理がチキン南蛮の発祥だと言われています。チキン南蛮は、作り方が難しいと思われていますが、実はそこまで難しくないんです。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉1枚:300g
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • 水:大さじ2
  • 卵:1個
  • 小麦粉:適量
  • サラダ油:適量

甘酢の材料

  • 醤油:大さじ2
  • 酢:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1~2

タルタルソースの材料

  • ゆで卵みじん切り:1個分
  • マヨネーズ:大さじ4
  • ピクルスみじん切り:大さじ1

作り方

  1. 鶏むね肉は厚みのある部分は切り開き、6~8等分に切り分けてボウルに入れ、砂糖、塩、水を入れ1分程手で揉みます。(水分が肉に吸収されます。)
  2. 甘酢とタルタルソースの材料をそれぞれ混ぜておきます。
  3. 鶏胸肉に小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせ、170℃のサラダ油で3分揚げ、油を切って甘酢に漬け込みます。
  4. 鶏胸肉を皿に盛り付け、タルタルソースをかければ完成です。

チキン南蛮をおいしくするポイント

実は、チキン南蛮を作る前に知っておきたいポイントがあります。それは、鶏胸肉を柔らかくすることです! とっても簡単に鶏胸肉が柔らかくジューシーになり、チキン南蛮がさらにおいしくなります!

  1. 鶏むね肉に水と塩、砂糖をもみ込むことによって保水させます。
  2. 小麦粉と卵をからめて揚げることによって旨味を閉じ込めるため、パサつき感がなくジューシーに仕上がります。
  3. 甘酢に漬け込むことによって、しっとりします。

チキン南蛮をおいしくするポイントを実践して、家庭でおいしいチキン南蛮を食べて疲れも回復させちゃいましょう!

次の記事

「疲れが回復する料理! 鶏むね肉の香草パン粉焼きレシピ」

前の記事

「ジャマイカ料理なジャークチキン! スパイシーで疲れが取れちゃうお手軽レシピ!」

情報提供元

「疲れに効くイミダペプチドとは?」

    
コメント