疲れを癒す金沢郷土料理! 鶏むね肉とかぶの治部煮レシピ

疲れを癒やす食材があります。それは、疲労回復に効果的な成分「

イミダペプチド

」が豊富に含まれている鶏胸肉です。今回紹介する鶏胸肉レシピは、鶏むね肉とかぶの治部煮です。金沢の郷土料理で、片栗粉をまぶした鶏肉を季節の野菜と煮込み、とろみをつけて完成させます。今回は鶏胸肉とも相性の良いかぶを利用した「鶏胸肉とかぶの治部煮」のレシピを紹介します。


材料(2人分)

  • 鶏むね肉:1/2枚
  • 水:大さじ1
  • 塩:ひとつまみ
  • 砂糖:小さじ1/2
  • 片栗粉:大さじ1
  • かぶ(中):2個
  • かぶの葉:適量
  • 人参:1/2本
  • だし:カップ2
  • 薄口醤油:大さじ2
  • みりん:大さじ1

作り方

  1. 鶏むね肉は観音開きにしたあと、一口大のそぎ切りにし、水、塩、砂糖をもみ込み、冷蔵庫で10分程おきます。
  2. かぶは一口大のくし切り、人参は小さ目の乱切り、かぶの葉は長さ3cmに切っておきます。
  3. 鍋にだしを入れて沸騰させ、かぶと人参を入れ、落し蓋をして中火で10分程煮ます。
  4. 鶏むね肉に片栗粉をまんべんなくまぶして、鍋に一つずつ入れていきます。
  5. やさしく混ぜながら煮込み、鶏胸肉に火が通ったら、かぶの葉を加え、ひと煮立ちしたら、鶏むね肉とかぶの治部煮の完成です!

疲れがたまって癒やされたいときに、「鶏胸肉とかぶの治部煮」を作ってみてくださいね。

次の記事

「黒酢と鶏胸肉で疲れが取れる食事! 鶏むね肉とトマトの黒酢あんかけレシピ」

前の記事

「疲れに効く! パサパサしない鶏むね肉のカラフル野菜甘酢あんレシピ」

情報提供元

「疲労回復に効果的なイミダペプチドって何?」

    
コメント